青森県産リンゴで海外市場を狙う!

shutterstock_156297122

在日本タイ大使館で、青森県と一般社団法人青森県りんご輸出協会と一般社団法人青森県りんご対策協議会の代表者らが集い、表敬訪問が行われました。

話し合われた内容は、タイでの青森県産のリンゴの輸出拡大について。

いまや、日本産のリンゴは積極的に海外に輸出されていることをご存知ですか。

アジアを中心に輸出増加中!

shutterstock_284229047

日本産のリンゴは、近年では海外への輸出が盛んです。

平成26年度(平成26年9月~27年8月)における国別輸出量を見てみると、1位が台湾の約2340万キログラム。

2位が香港の約540キログラム、3位が中国の約67万キログラム、4位がタイの約30万キログラム、5位がシンガポールの約15万キログラムとなっています。(財務省貿易統計データより)

台湾で突出している背景は、日本産のリンゴは高品質として人気があり、高級感も手伝って贈答用として活用されていることも要因としてあげられます。

タイに輸出されるリンゴの大半は青森県産

青森県はリンゴ大国。

日本のリンゴ生産量の5割以上を生産し、経済面はもとより、文化面・観光面でも青森を支えている産業です。

近年では、青森県産のリンゴをタイに輸出する動きが活発化し、現在ではタイに輸出される6割以上が青森県産となっています。

日本の輸出品といえば、自動車など工業製品が注目されがちですが、1次産業も負けていません。

地域資源の活用し、産業を活性化させる方法のひとつとして、輸出という手段も要注目です。

関連記事一覧