• HOME
  • 移住
  • 岐阜県
  • ウナギ好きも納得の味?!岐阜県の”なまず祭”で「ウナギ味のナマズ」が大盛況!

ウナギ好きも納得の味?!岐阜県の”なまず祭”で「ウナギ味のナマズ」が大盛況!

shutterstock_267629246

木曽川と長良川に挟まれ、川魚料理が有名な岐阜県羽島市があります。

そんな羽島市で、ナマズ料理を広く紹介するイベント「なまずまつり」が開催されました!

25年続いたお祭りが今年リニューアルし、目玉は「ウナギ味のナマズ」?!

そんなイベントをご紹介します。

なまず鎮霊のためのお祭りです

namazuimage by namazumatsuri.com

「なまずを祀る」という、ユニークなお祭りが誕生した背景には、この土地の歴史が関係しています。

時を遡ること、1891年。

10月28日に、本巣郡西根尾村を震源としてM8の直下型巨大地震が起こりました。

羽島郡市でも笠松町内・竹鼻町内より出火。羽島市の前進である葉栗郡・中島郡で死者1007名、負傷者2107名 総戸数12254戸に対し9419戸が全壊1700戸が半壊。火災により1135戸が失われました。被害戸数は実に94%に上る

出典元: namazumatsuri.com

という大震災があったのです。

そして震災から100年後の1990年。

大震災の記憶を風化させないために、そして自信を引き起こすとされるなまずを鎮めるために、「美濃竹鼻なまずまつり」が開催されました。

それから25年。

毎年開催されてきたこの祭りが、今年は装いも新たにリニューアル。

羽島を愛する人々が集う祭りとしてパワーアップして開催されました。

「おいしい!」と話題の「ウナギ味のナマズ」

shutterstock_179471393

「ウナギ味のナマズ」は、絶滅が危惧されるウナギの代用として、近畿大学が開発しました。

2009年から約6年間の研究期間を経て生産技術を確立。

育てる水に地下水を使用したり、餌に甲殻類を多めに与えるなどして、ナマズ独特の淡白さや、臭みを解消したといいます。

「なまずまつり」の会場では、蒲焼きにしたものを丼に仕立て、「ウナギ味のナマズ金焼丼」として販売し、親子連れなどが列を作りました。

祭りの2日間で振る舞われたのは、400食。

結果は大盛況だったようです。

「ウナギ味のナマズ」は今後は事業化を視野に、様々な連携を模索していくとのこと。

大学の技術が、新しい文化を生むかもしれない動きから目が離せません。

関連記事一覧