総事業費2800万円!福井駅前の恐竜広場でタイムスリップ

shutterstock_86493421

福井駅がスゴイことになっていると話題になっているのをご存知ですか。

県都の玄関口福井駅では、「恐竜王国福井」のPRが加速しているんです。

必ずチェックの3つの恐竜体験!

福井駅に降り立った後に、必ず見たいスポットをご紹介します。

1. 恐竜モニュメントでリアルな恐竜に触れられる

019image by pref.fukui.lg.jp

福井で生息していたフクイラプトル、フクイサウルス、フクイティタンの3体を、実物大で動くモニュメントとして設置します。特別演出等で当時の3体の生態のストーリーを再現します。

出典元: pref.fukui.lg.jp

というこの広場。

駅前広場に設置されているからと、適当なものだと思ってはいけません。

ここに展示されている3体は、学術的にも的確に再現されているんです!

約6mの高さを誇るフクイティタンは必見です。

2. 駅舎恐竜壁画

036image by pref.fukui.lg.jp
福井駅の西側の壁面は、横約45m・縦約10mの巨大な恐竜イラストでラッピングされています。

イラストには、福井で生息していた10種類の生物を描いているそうです。

記念撮影スポットとして外せない場所です。

3. 恐竜トリックアート

福井駅の西口側の壁面には、横約7m・縦約4.5mの恐竜が壁面から飛び出して見えるトリックアートも設置。

トリケラトプスが描かれたものと、フクイラプトルとフクイサウルスが描かれたものの2種類です。

日本でもここだけしか見られないものです。

なぜ、福井県が恐竜に力を入れているのかと言えば、福井県が恐竜の化石の「産地」だからこそ。

貴重な恐竜の数々が、福井県から見つかっています。

北陸新幹線の開業にも合わせて、まずます「恐竜王国福井」のPRが盛んになっています。

ぜひ北陸を旅する際には訪れてみてくださいね。

関連記事一覧