共通認識を持つ | 兵庫県

地域活性化に必要な事は、共通認識を持つことです。
この地域がどの方向に向かっていて、何を成し遂げたいのか?もう一歩踏み出すと、他の地域からどのように見られたいのか?ということを地域住民全体で共通認識を持つことが大切です。


そして次にその共通認識を
1)わかりやすい形で
2)簡単に伝える
方法が大切になります。
財団法人地域活性化センターの地域実践塾の神戸で、行政、NPOのかたがたと話し合いをした際にでてきた結論の一つでもありました。共通認識をもつことで、まちづくりのゴールが焦点化され、力が効率的に発揮できるというメリットがあります。

関連記事一覧