地域課題をソーシャルビジネスで解決。人財育成講座・日向ドラゴンアカデミーの合宿が開催(2)

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

渡川まんまの活動に、受講生も奮起した様子。

70歳以上のおばあちゃんが活躍。渡川を視察

山師の領域にとどまらず、様々なことを手がける今西猛さん。

続いて訪れたのは、隣町の宮崎県美郷町の里山・渡川地区。

実は渡川は、限界集落となっている里山にも関わらず、全国各地から視察が訪れるほどに、地域を盛り上げる活動の先進地域となっています。

里山と町をつなぐ。山師の新しい取り組みとは

原木椎茸の作業体験も実施

ゲスト講師は、渡川で山師として活動しながら、原木椎茸の栽培を行う今西猛さんです。

渡川を盛り上げている中心人物のひとりでもあります。

渡川は見てのとおりの里山です。森や山といったものをどう伝えて、価値に変えていくかという取り組みをしています。

その一環で、渡川を町に進出させようと、若草HUTTE(※HUTTEとはドイツ語で山小屋)をオープンさせました。宮崎市内で、渡川の情報に触れて、食事を楽しめたり、仕事ができるスペースです。

70歳のおばあちゃんたちの活動への思いとは

渡川で注目されている活動のひとつが、「渡川まんま」の活動です。

平均年齢70歳のおばあちゃんたちが、地元産品をつかってお弁当やお菓子を作り、販売しています。

カフェをひらくという目標のもと、クラウドファンディングにも挑戦し、約150万円を獲得。

渡川を一躍注目の的とする原動力となりました。

この日の昼食も、渡川まんまの手作りです。

渡川まんまの活動が「若者が頑張っているから私たちも何かしよう」から始まっていることに驚きました。こういう連鎖反応を、地元でも活かしていけたら。

と語るのは受講生。刺激的な渡川訪問となったようです。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!