予算額1000億円超の地方創生交付金。配分が多い都道府県、少ない都道府県

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_452745145

政府が推し進める地方創生。地方創生推進交付金の対象事業が決定し、都道府県別の内訳などが公開されました。

地方創生推進交付金って?

地方創生推進交付金は、地方公共団体の自主的・主体的な取り組みを支援するもので、国から都道府県や市町村に交付されるもの。28年度の予算額は1,000億円、事業費ベースでは2,000億円が計上されています。

交付対象の事業は6つ。割合が高いのは?

交付金が支給される事業は全部で455事業。「しごと創生」「地方への人の流れ」「働き方改革」「まちづくり」の4つの分野が対象となっています。

4つの分野の中で事業数が最も多いのが「しごと創生」。事業数は全体の約半分、交付予定額は約6割を占めています。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!