2号はなくて吹かない年もある! 意外と知らない「木枯らし1号」

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_320985848

昨日、東京で観測された「木枯らし1号」。木枯らし1号ってどこで観測? 木枯らし2号っていつ? 実は吹かない年もある。意外と知らない「木枯らし」についてまとめてみました。

観測するのは東京と近畿のみ

気象庁が定める「木枯らし」の定義は “晩秋から初冬にかけて吹く、北よりの(やや)強い風”。

木枯らし1号が吹くと気象庁より発表がありますが、これは東京地方と近畿地方でこのような風が吹いたときに発表されています。

 “北よりの強い風” は全て木枯らし? 「木枯らし2号」はいつ?

東京地方で木枯らし1号が吹いたと判断される基準はこちら。

・期間は10月半ばから11月末までの間に限る
・気圧配置が西高東低の冬型で、季節風が吹く
・東京における風向きが西北西〜北である
・東京における最大風速がおおむね風力5 (風速8m/s) 以上である

明確に判断基準が設けられている「木枯らし1号」ですが、2号や3号はなく、発表は木枯らし1号のみ。上の判断基準を元に頑張れば自分で2号や3号を観測できる…かも!?

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!