総額500万円、クラウドファンディングを成功させ続ける・岡田拓也氏

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

バズるブログ

クラウドファンディングで、地域と人を繋ぐ。

インターネットを通じて、様々な商品開発や地域のプロジェクトを支援できる方法として、近年注目が集まっているクラウドファンディング。多くの場合、設定期日の中で目標金額を達成できないと支援金が挑戦者に届かないという方式を採用しています。

そんな中で、過去5件のクラウドファンディングに関わり、総額500万円以上の支援を集め、挑戦を成功させ続けている人がいます。

MACHI LOG のライターとしても活躍している、岡田拓也さんです。

クラウドファンディングを成功させ続ける理由

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-20-10-11

これまで、クラウドファンディングの支援サービスを提供してる企業2社に勤め、現在は全国のヒトやモノを取材しながら、地域の魅力を伝え続けている岡田拓也さんにお話をお聞きしました。

クラウドファンディングはチーム戦

これまでの職歴で得た、クラウドファンディングや取材のノウハウや知識を活かして、自ら挑戦したり、チームの中で表に立って様々なプロジェクトに挑戦してきました。

しかし、その経験を通じて感じたのは、「クラウドファンディングは、チームプレイ。」だということです。決して、1人では成立しません。

自分ができることは少ししかないと感じています。色々な人の協力やフィードバックを受けて、改善しながらゴールを目指すものです。

チームで期日まで、やれることを全てやる

チームでやることで、達成したことを共有できるのは、クラウドファンディングの大きな特徴です。

また、クラウドファンディングの最終日(締切)があるため、その区切りをチームと一緒に迎えるために、「できることは全部やろう!」と意識を高めることができます。

達成後に訪れる、新たなスタートラインをチームで迎えられるのは大きな喜びです。

>> 支援者を意識したクラウドファンディングとは?

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。