MACHI LOG編集部


ローカルメディア

福井県鯖江市を活気づける『プランコンテスト』とは?

%e7%ab%b9%e9%83%a8%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a0

9月12日福井県鯖江市において、「市長をやりませんか?」 鯖江市地域活性化プランコンテスト―Be a Mayorof Sabae City―が実施されました。

全国から集まった学生自身が鯖江市長となって地域活性化プランを考えるコンテスト。
本気でこれからの日本を背負うリーダーになっていきたい学生のために用意された場です。
自分の可能性に挑戦し、日本を元気にしたいと応募する学生が、毎年後をたたないと言います。

驚くことに、このコンテストの運営も『with』という学生団体が運営しているのです。
まさに学生による学生のためのコンテスト。
今年で第9回目を迎えたプランコンテストですが、第1回目から学生を支え続けてきた女性が、NPO法人エル・コミュニティ代表 竹部美樹さん。

東京での経験と自分のスタンスの確立

img_4351
竹部さんは、鯖江の高校を卒業してしばらく、東京の某IT企業で仕事をされていました。
「この会社が何をやっているのかを知りたくて、ありとあらゆる会議に出席させてほしいと申し出て、会議の議事録を書いたりと、やれることはなんでもやった。」と竹部さんはおっしゃいます。
その結果として、徐々に人に認知され、必要とされることにつながったそうです。

自ら積極果敢に行動し、知るための情報を入手するために駆け回った中で、「自分は人をサポートするポジションで光り輝ける」と考える様になったそうです。
福井に戻り、エル・コミュニティの代表という立場となりましたが、その本質は「学生のサポーター」であるとおっしゃいます。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。