• HOME
  • 移住
  • 秋田県
  • 地方移住、女性起業家が東京暮らしを止められた3つのポイント−秋田

地方移住、女性起業家が東京暮らしを止められた3つのポイント−秋田

祖母の存在と問われ続けた志

小中学生時代、矢野さんは毎年のように秋田県を訪れていたそうです。そこには、おばあちゃんの存在がありました。

そのおばあちゃんが、3年前に他界。昨年行われた三回忌の後、矢野さんの頭をよぎったのは、「このまま、私と秋田のつながりは消えてしまうのだろうか?」ということでした。

その一方で、矢野さんはキャリアアップのため、実践的なMBA(経営学修士)取得を目指し、リーダー育成のビジネススクール「グロービス経営大学院」に通われていました。

そこで、学長の堀義人氏を始め、プログラムを通して問い続けられる「自分は何をなすべきか?」という志について、モヤモヤとした状態が続いていたそうです。

その後、この2つの問いが矢野さんを突き動かすことになります。

移住と起業を実現できた3つのポイント

dsc_0325

地方への移住・起業について考えている人は、年々増えています。しかし、多くの人はリスクを取ることに不安を感じ、なかなか前に進めません。

今回、矢野さんが東京暮らしを止めて、移住と起業を実現できた3つのポイントをお聞きしました。

1:小さな1歩を踏み出す
2:必要な環境に身を置く
3:想いだけでなく個人の力を高める

生まれ育った故郷や大切に想う地域のために何かしたいと考えている方は、是非内容を読んでみてください。

>> 小さな1歩を踏み出す

続きを読む
2 / 3

関連記事一覧