日本の世帯はどのように変わった!? 都道府県別に見てみました

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_127115846-1

平成27年国勢調査から、日本の「世帯」を見てみました。

42都道府県で世帯数は増加

平成22年から平成27年の5年間で日本の世帯数は145万3千世帯増加。42の都道府県で世帯数が増加しています。世帯数が減ったのは高知県、鹿児島県、青森県、和歌山県、秋田県の5つの県。

世帯増加率については年々縮小し、前回の国勢調査 (平成17年〜平成22年)では4.8%であった増加率が今回の調査では2.8%という結果になりました。

ここ5年で世帯が最も増えた都道府県はどこ!?

平成22年から平成27年の5年間において、世帯増加率が最も高かったのは沖縄県。

2位の宮城県に約3%の差をつけ1位となりました。3位以下には、東京都、埼玉県、愛知県、福岡県が続いています。

一方、世帯数が減った5県を除き、世帯増加率の低かった県は順に山口県、愛媛県、長崎県、宮崎県、北海道。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!