「ふるさと納税」する前に! 税金控除額をシミュレーションしてみよう

shutterstock_400407475

豪華な返礼品や地元振興などで話題となっている「ふるさと納税」。

テレビなどのメディアでもたびたび取り上げられており、その認知度はますます上昇しています。

そんなふるさと納税ですが、実際にどうお得で、どんな制度なのでしょうか?

今回はふるさと納税について、細かくご紹介していきます!

まずは「ふるさと納税」をおさらい

shutterstock_403891033

地域振興や地方との格差是正のために作られた制度で、地元である「ふるさと」に任意で「納税」するものですが、細かくいえば自治体への寄附金に当たります。

ふるさと納税として納めた2,000円を超える額は、自分が本来払う所得税や住民税から全額免除されます(家族構成や年収によって控除の上限はあります)。

つまり1万円分をふるさと納税で納めたならば、基本的に8,000円が免除になるわけですね。

 地域の特産品がもらえてお得!

このふるさと納税一番の目玉は、納税額によって地域の特産品がもらえること。

例えば、牛肉や乳製品、お米、野菜、民芸品、家具など、その地域によって様々な種類の品があります。

上記のように、上限までは控除対象になるので、実質2,000円でこれらの品々をもらえる点は、非常にお得です。

中にはその地方でしか扱っていない食品や、人気の高級食材をゲットできる場合もありますよ。

出身地や居住地以外にも納税ができる

ちなみに、「ふるさと納税」といっても、自分の出身地以外に納税することが可能です。

縁もゆかりもない地域であっても、その地域に魅力を感じたり、そこの返礼の品が欲しかったなど、納税を行う人の理由は様々です。

 どの「まち」に納税する?

shutterstock_363256562

自分の出身地や、旅行に行って印象に残った地域、お世話になった場所など、自分で納税場所は自由に選択できるので、自分がここだ!と思った地域に納税しましょう。

もちろん返礼の品から判断する人も大勢おられます。

東京など、都心に住んでいる方でも、地元の野菜や特産物を手に入れられますので、地方自治体などで検索してみると、ふるさと納税の情報を把握できます。

中には宿泊券や地域で作られる民芸品、花火大会チケットなども返礼の品に含まれている場合があるので、旅行先として考えている地域に納税する方法も賢い選択です。

 「ふるさと納税」の注意点は!?

ただし、控除額を超えてしまうと「完全な寄附」になってしまう場合があります。

返礼の品をもらっても損をしてしまう場合があるので、自分の所得税や住民税、年収や家族構成を確認し、1年の上限額をチェックしておきましょう。

ふるさと納税応援サイト 税金控除額シミュレーター

こちらのサイトで上限額を判断できますので、ふるさと納税の利用を検討している方は、ぜひどうぞ。
参照元: ふるさとチョイス ふるさと納税とは?

PR for こゆ財団(宮崎県)
地方×求人:地域の未来を創る起業家10名・10事業を募集!
世界一チャレンジしやすいまち
宮崎に移住して、
地方の課題を解決する。
10のプロジェクトで、
10人の起業家を募集中!

関連記事一覧