仙台の待機児童、約半数213人

shutterstock_385059274

仙台の待機児童、減少中。

待機児童の問題は、日本の未来を考える上で非常に重要です。子どもを育てながら働ける環境、子どもを産んできちんと育てられる環境をどうつくるか。

宮城県仙台市は、子ども・子育て支援新制度を導入し、課題に取り組んでいます。

仙台の待機児童、約半数213人

その取り組みを経て、仙台市の発表では待機児童数が昨年比で、約半分に減少しています。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧