土方歳三巡り!箱館戦争の降伏式の地-函館/亀田八幡宮

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

土方歳三 最期の地碑 - 入り口
かの有名な新選組の土方歳三が、陣頭指揮をとっていた箱館戦争。

箱館戦争について

箱館戦争(はこだてせんそう、慶応4年/明治元年 – 明治2年(1868年 – 1869年))は、戊辰戦争の局面のひとつで、新政府軍と旧幕府軍との最後の戦闘である。旧幕府軍の蝦夷地での根拠地から五稜郭の戦いとも呼ばれる。この戦いの最中に干支が戊辰から己巳に替わったことから、己巳の役(きしのえき)と呼ばれることもある。

この箱館戦争の降伏式の地「亀田八幡宮」に行ってきました。

亀田八幡宮は、あまり知られていない神社ではありますが、
実際に行ってみると、当時の争いの激しさが残る弾痕や刀跡が見受けられます。

土方歳三が、かつては、実際にそこにいたと思うと、なんだか不思議な気分になれます。

箱館戦争の生々しい傷跡

土方歳三 最期の地碑 - 壁一見みると、ただの古びた陣屋ですが、近くに寄ってみると・・

土方歳三 最期の地碑 - 刀の跡たくさんの刀傷が残っています。

土方歳三 最期の地碑 - 男根弾痕らしき穴が見受けられます。
実際にいま見てみると、穴が切れすぎるので違うかもしれません・・

土方歳三 最期の地碑 - 弾痕木々一本ずつに、歴史が刻まれているよう

亀田八幡宮へのアクセス

亀田八幡宮は、五稜郭から歩いて30分くらいのところにあります。
あまり観光客が来る場所でもないので、神社の駐車場にとめることができます。

箱館戦争の終結は、土方歳三が亡くなった後に行われたので、直接的には関係ないかもしれません。

しかし、もし土方歳三が生きていたら、どんな結果になったのだろうか、様々な想いが駆け巡る場所です。
土方歳三ファンの方は、是非訪れてみてほしい

亀田八幡宮
所在地: 〒040-0083 北海道函館市八幡町3−2
電話: 0138-41-5467

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。