「群馬に寄ったらトンカツを食すべし」の理由とは?

オカダタクヤ


地域コーディネーター

shutterstock_289720520

群馬県といえば、どんなイメージをお持ちでしょうか。

実は養豚が盛んな地域だということをご存知ですか。

紀行文に「群馬に寄ったら、トンカツを食すべし!」と言われるほどなのです。

群馬県は養豚が盛ん

shutterstock_80850133

群馬県は、水や緑が豊かで家畜を育てるのに恵まれた環境だとされています。

特に養豚業は古くから盛んであり、豚の飼養戸数で全国第5位、飼養頭数で全国第5位となるほどの養豚県です。

県としても、豚肉の生産性向上をバックアップする事業を行うなど、養豚業の後押しを行っています。

ブランド豚「上州麦豚」とは?

群馬県が誇るブランド豚のひとつが、「上州麦豚」です。

動物性飼料を排除し、穀物に麦を多く含む専用肥育用飼料で育てられ、豚独特の臭みを抑えた人気の豚肉となっています。

赤身が豊かできめが細かく、くせのないあっさりした風味が人気だといいます。

前橋市では、市内の飲食店が豚肉料理ナンバーワンを決める「T-1グランプリ」が行われており、豚肉料理のPRも積極的に行われています。

お気に入りのお店を見つけてみよう

紀行文にある通り、トンカツ屋の数も多い群馬県。

その中でも特に人気なのが、トンカツの名店「福よし」です。

大手グルメサイトでも人気の、「行列必至」のお店。

群馬を訪れた際には、訪れてみてはいかがでしょうか。

参照サイト

福よし[公式サイト]

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、help@machi-log.net までご連絡ください。