市誕生10周年! 人間空気イスでギネス記録に挑戦の宮崎県小林市

shutterstock_159631436

フランス語のような宮崎弁を用いた移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」で一躍全国区となった宮崎県の小林市。市の誕生10周年を祝い、ギネス記録に挑戦します。

“フランス語みたいな宮崎弁” で話題の宮崎県小林市がPRムービー第2弾を公開

目標は2000人以上! 人間空気イス

小林市が今回挑戦するギネス記録は「1つの椅子に連なって座った最多人数 ~Most People sitting on one chair~」。

最初の1名が椅子に座り、その次の人は椅子に座った人の膝の上に、そこから次々に人の膝の上に座っていき、 “人間空気イス” を作り連なった人の数を競うもの。

小林市では2,000人以上の挑戦者を集めるべく市のホームページなどで呼びかけています。

現在の記録保持者は…岐阜県山県市

「1つの椅子に連なって座った最多人数 ~Most People sitting on one chair~」の現在の世界記録は1,831人。

中国マカオで2013年に記録された1,666人を上回り岐阜県山県市が昨年3月に記録を更新しました。
参照元:山県市ホームページ 「人間空気イス」ギネス世界記録達成

挑戦は3月19日に実施!

今回のギネス挑戦は、旧小林市と旧須木村、が合併し新小林市が誕生してから10周年を祝うイベント。

参加費は無料で、3月19日に小林総合運動公園市営陸上競技場で開催されます。詳細、申し込みはこちらから。小林市ホームページ 小林市新市誕生10周年記念イベント

関連記事一覧