パワーアシストスーツで除雪、秋田の農家が実証実験

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

農家の高齢化という課題

秋田県の高齢化率(総人口に占める満65歳以上の方の割合)は、平成28年7月1日時点で34.6%。これは、全国一の高齢化率となっている。

特に、農家さんの後継者不足・高齢化は大きな課題となっている。

パワーアシストスーツで除雪

この課題には、多角的な取り組みが求められる。

若手農家さんを増やす努力と同時に、高齢化する農家さんの生産性を上げる努力も必要になる。

その時に活用すべきなのが、ITやロボットの技術だ。

秋田の農家が実証実験

秋田県の南部に位置する豪雪地帯・横手市。

そこで、パワーアシストスーツを装着した農家さんが果樹園の雪かき作業を行うという実証実験が行われた。

木の周りに積もった雪をスコップでかき出す作業を、スーツを装着した場合とない場合で15分間ずつ行い、心拍数の変化を測定した。秋田県立大が分析し、調査結果をまとめる。

□出典:京都新聞

パワーアシストスーツ無しの時に比べて、半分ほどの力で作業できる感覚だという。

今後の検証と現場での実用へ向けた動きに期待したい。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。