伝説の日本刀!「草薙の剣」「へし切長谷部」他

shutterstock_124651816

歴史上の人物が戦いに身を投じる中で、信用したのは自分の腕、そして優秀な性能を誇る武器でしょう。

そんな武人たちが愛用した武器といえば、やはりカタナが想像しやすいかと思われます。

カタナの中には、歴史に名を残すほどの「名刀」もあり、様々な逸話と共に語られてきました。

今回はそのような伝説の日本刀の数々を、ご紹介いたします。

 神話に登場する刀

「古事記」などの日本神話に登場したカタナは、伝説の名にふさわしく、カタナの一つ一つに様々なストーリーが付与されています。

例えば、「草薙の剣」という名で知られる天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)は、三種の神器のうちの一つで、伝説上の大蛇「ヤマタノオロチ」の尾から出てきたとされるカタナです。

このヤマタノオロチを倒した際に使われたカタナが天羽々斬(アマノハバキリ)で、こちらも伝説の剣の一種として語られています。

またイザナギがカグヅチを殺める際に用いたとされる天之尾羽張(アメノオハバリ)や、布津御魂(フツノミタマ)も、神話に登場するカタナです。

戦国時代に登場! 武勇伝の残るカタナ

やはりカタナといえば戦国時代。

そんな戦国時代に登場したカタナは多く、様々な伝説と共に語られています。

例えば長篠一文字(ナガシノイチモンジ)という名刀は、平安時代末期~鎌倉時代初期に作られたもので、長篠の戦いで武功をあげた奥平信昌に授けられたカタナと言われています。

また信長つながりのへし切長谷部(ヘシキリハセベ)は、信長に無礼を働いた茶坊主を隠れた棚ごと斬ったとされる、非常に切れ味の鋭いカタナです。

織田信長から黒田官兵衛に渡り、現在は国宝に指定され、福岡市の博物館で展示されています。

戦国武将である徳川家康に関するカタナもあり、大般若長光(ダイハンニャナガミツ)がそれに当たります。

元々は信長から家康へと贈られた後、これまた長篠の戦いで功をあげた奥平信昌に与えたようです。

名刀「正宗」「村正」

日本刀といえばだれもが思いつく名刀が、正宗(マサムネ)と村正(ムラマサ)。

これらはどちらも刀工の名前であり、カタナそのものの名称ではありません。

正宗のカタナは無銘のものを含め、徳川家やその家臣が所持していたとされる名刀で、村正のカタナは、徳川家に関係する一族や家臣の死に関わることが多いため、徳川家を祟った「妖刀」とも言われています。

漫画やゲームなど、サブカルチャーにもたびたび登場する、非常に有名な伝説のカタナですね。
参照元:matome 伝説の剣 日本刀編

PR for こゆ財団
移住×新規事業メンバー募集!
2017年の『月刊ソトコト10月号」の表紙・特集にも掲載された宮崎県の地域商社で、アグリテック・農業を軸とした「10の新規事業」の統括ディレクター/コアメンバーを東京から募集中!

関連記事一覧