映画「硫黄島からの手紙」で知られる島。”いおうじま”? “いおうとう”? 正解はどっち

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_114754306 Brandon Bourdages / Shutterstock.com

2006年に公開されたクリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」で国内外にその名が広く知られるようになった硫黄島。東京都小笠原村にある硫黄島の読み方はどっちが正しい!? 硫黄島についてまとめてみました。

映画の公開がきっかけ? 2007年に統一された呼び名

shutterstock_307717667

映画「硫黄島の手紙」は、英語表記で”Letters from Iwo Jima” とされ、”いおうじま” という呼び名が使われています。

日本では、映画の公開翌年、国土地理院が硫黄島の呼び名を”いおうとう”へ変更することを決定。地図上の表記も”いおうじま”から”いおうとう”へと変更されました。

硫黄島は、島民の間で戦前から “いおうとう” と呼ばれていたものの、1982年の地図改定では “いおうじま” として報告されており、映画公開をきっかけに島民などから苦情が寄せられたことで “いおうとう” に統一されることになりました。
参照元:国土地理院, Find Travel 硫黄島の知ってほしい基本の23選

硫黄島の歴史を後世に伝える本が完成

スクリーンショット 2016-04-29 15.51.27
画像出典:小笠原村ホームページ ハンドブックの紹介 スクリーンショット画像

硫黄島の元島民などで作られる「全国硫黄島島民の会」が戦前からの写真や記録などを1冊の本にまとめ、小笠原村の補助金や寄付などをもとにハンドブック「硫黄島クロニクル~島民の運命~」がつくられました。

小笠原村ホームページより本を閲覧することができます。硫黄島クロニクル 〜島民の運命〜

本には、島の開拓の歴史や太平洋戦争末期の島の様子、また戦後から現在までの島についての内容が書かれており、都内をはじめとした全国の公立図書館に置かれるそうです。
参照元:NHKニュース2016年4月28日の記事

鹿児島県にあるもうひとつの硫黄島

IMG_8978

鹿児島県市から船で約4時間のところに位置する三島村は、竹島、硫黄島、黒島の3つの島からなる村。

こちらの島の呼称は “いおうじま”。昨年、ジオパークへ認定され、観光客も増加している注目の島です。三島村・喜界カルデラジオパーク

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!