広島県呉市の鉄工所がつくった究極のお土産!

究極のお土産 世界の「ぽんカル」

DSC_1796
広島県呉市、造船や鉄鋼などの工業が盛んなこの地域に、世界に誇る「究極のお土産」があります。
「ぽんカル」という変わった名前のお菓子は、カルシウムたっぷりのぽん菓子という意味だそうです。

この「ぽんカル」は、世界にも通用する究極のお土産として、観光庁が選んだ一品です。

1秒で完成! 材料は素材1種類のみ!

DSC_1827
作り方はとっても簡単。
見た目も不思議なこの機械で作られます。
ちりめんじゃこや貝柱などの海産物を、熱した鉄板の上に載せて、1秒間プレスするだけ。
素材に含まれる水分が水蒸気になって、その水蒸気の力で膨らむという仕組みです。

添加物も調味料も全く使っていないので、ヘルシーでダイエット食としてもオススメです。
ちなみにこちらの機械の名称は「ぽん機っ機」。何ともシュールなネーミングです。

究極のお土産を作っているのはなんと鉄工所

ネーミングは商品名だけじゃありませんでした。
この世界の「ぽんカル」を製造しているメーカー「有限会社ねっかけんサワノ」は、「熱を科学的に研究する」からつけたネーミングだとのことです。
金属加工業をしていた澤野さんが、地域の産業である鉄工と、地域の海産物を活かし、食品加工業として転身しました。

柔軟な発想が、ブレークスルーを生むというお手本のような事例です。

ねっかけんサワノ ぽんカル

関連記事一覧