全国から視察が殺到する「四万十ドラマ」の作り方。高知で産業を作る!

DSC_0290

今最も注目される地域ビジネスを展開する企業のひとつである「四万十ドラマ」。

地域の山や川がベースになった、地域の独自性が産業になることを目指して、多様な商品開発や事業を手がけています。

代表の畦地履正さんは、自分の仕事を「地域の人達と一緒にやりゆうビジネスやき」と言って笑います。

四万十ドラマは、地域に産業を作る会社です。

今や四万十ドラマは、その考えかたやノウハウを教わろうと、全国各地から、視察・研修が絶えません。

2016年も最注目のローカルベンチャーのストーリーを聞きました。

四万十にも、ええもんがいっぱいあるやないか!

shutterstock_272600855

四万十ドラマは、畦地さんとひとりのデザイナーの出会いがきっかけで始まりました。

そのデザイナーの名は、地域に根ざしたデザイナーで知られる梅原真さん。

ある日、25歳の畦地さんは、梅原さんの元を訪ねました。

当時、高知県で売れている商品といえば、馬路村のポン酢デザイン、黒潮町の砂浜美術館の「Tシャツアート展」、明神水産「藁焼き鰹タタキ」と、全て梅原さんがデザインや企画に関わったもの。

その企画力を頼っての訪問でした。

「隣の芝生が青く見えてて、思わず『ええなぁ、地元のいいものがあって』とぼやいたんですよ。

そしたら、机をバーンと叩かれて、あの大きな梅原さんに、四万十には、お茶も栗も、ええもんがいっぱいあるやないか!と怒鳴られました」

畦地さんの目から、ウロコが落ちた瞬間でした。

四万十のお茶を売る挑戦

shutterstock_228489730

梅原さんの言葉に動かされた畦地さんは、地域を自分の足で歩き、自分の目と耳で人と話し、ひとつの地域資源を見つけます。

それはお茶。

実は四万十は、全国的にも有数のお茶の産地だったのです。

お茶を売るために、お茶のことを調べ、歴史を学び、お茶の淹れ方も先生に習います。

このお茶をコンセプトにしたイベントが、畦地さんが初めて企画したイベントになりました。

初めて自分の手で作った企画書を携え、再び梅原さんの元を訪ねます。

「お茶はタダで提供して、羊羹を買って食べてもらうという企画でしたが、梅原さんからは、『お茶は価値をつけないかん!タダじゃいかん!』と怒られました(笑)」。

そして、畦地さんの企画書を元に、企画内容を仕上げ、タイトルが「四万十川のほとりで新茶を楽しむ会」に決まりました。

イベント当日、販売商品はお茶と羊羹だけ。

それでも1日15万円の売上となり、最終的には売上200万円を記録します。

20年前に決まったマスタープラン

kikaku

自分たちの力で、最初の企画を成功させた畦地さんは、梅原さんに四万十ドラマのプランナーをお願いします。

一度は断った役割を、梅原さんは引き受けました。

出てきたのは、16ページに渡る企画書です。

これから四万十がどうするべきか

産業作り、ネットワーク作り、食づくり、資金について、会員制RIVERの立ちあげ、「四万十川のユタカサを考える」など、たくさんの項目が書かれていました。

お気づきでしょうか。

ここに書かれた項目が、今まさに四万十ドラマによって実践され、地域に産業が生まれているということを。

四万十という地域がこれからどうすれば良いのかを考え、未来を作ってこられたのは、このプランを全員で信じ、取り組んできた結果なのでしょう。

「『梅原さんならどうやるか』というのが、ものさしになってるんです。

15年の年の差があるけど、人生の師と思っています。梅原さんは師とは思ってないだろうけど(笑)」

四万十川流域資源を活かしたものづくり

shimantoimage by shimanto-drama.jp

今、四万十ドラマは、栗山の再生に取り組んでいます。

全ての事業は、1次産業を守り、崩れつつあったものを再構築するための産業づくりです。

四万十の特産品でもある栗ですが、収穫量は右肩下がりというのが現状です。

そんな中で四万十ドラマは、栗を植え、育てる仕組みを作っています。

栗の木が育ってくれば、収穫量も右肩上がりになっていくことでしょう。

この栗で世界に挑戦すると、畦地さんは言います。

「産業を守り、雇用を生み、生産者を守ることで、四万十の風景が守られるんです。

良いものをつくって、地域の人が儲けられる産業をつくっていきます」

PA183821寄稿者: 川村真由美
「食」を中心とした地域おこし企画の立案や、企業コンサルティングを行う。笑顔と情熱でプロジェクトを盛り上げるムードメーカー。高知が大好き。
PR for こゆ財団(宮崎県)
地方×求人:地域の未来を創る起業家10名・10事業を募集!
世界一チャレンジしやすいまち
宮崎に移住して、
地方の課題を解決する。
10のプロジェクトで、
10人の起業家を募集中!

関連記事一覧