クリスマスにみかんを贈り合う「クリスマスオレンジ」を知っていますか? – 愛媛県

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

shutterstock_66178543

「クリスマスオレンジ」という言葉を知っていますか?

「クリスマスにみかんを贈り合うことです」というと、みかんと言えば愛媛県が独自に習慣を作って呼びかけているかと思いきや、違います。

カナダに伝わる習慣なのです。

カナダでは、柑橘類が少なくなるクリスマスのシーズンに、日本から輸入した温州みかんを、クリスマスオレンジと称してプレゼントするのだそうです。

そんな、クリスマスオレンジの習慣に目をつけたのが愛媛県です。

中でも最大のみかん産地である八幡浜市では、クリスマスオレンジの習慣を輸入し、広めようとPRを行っています。

“ハート型みかん”に、フェスティバルも開催!

shutterstock_232971346

“みかん産地である八幡浜から「みかんを大切な人にプレゼントする」風習、クリスマスオレンジを広げよう”ということで、様々な取り組みが始まっています。

ひとつは、「ハート型みかん」。

みかんをハート型に育てています。ただし、生産量が少ないため、ハートみかんだけの販売はされておらず、「ハートみかん入りクリスマスオレンジ」として販売されています。

現在販売先も検討中とのことなのですが、ハート型のみかんはかなりのレア。

珍しいプレゼントをお探しの方にオススメです。

もうひとつは、「クリスマスオレンジフェスティバル」。

3年前から、クリスマスオレンジの習慣を根付かせようと始まりました。

今年は、12月19日に開催予定!

イルミネーションや、冬の打ち上げ花火が目玉企画となっています。

海外で温州みかんが「聖なる果実」として、季節の風物詩になっているなんてうれしいですね。

クリスマスオレンジの「本場」として、ますます盛り上がっていくことを期待します。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!