市役所で働く、飛び出す地方公務員が、まちづくりで活躍できる3つの理由

宮崎市に挑戦を応援する基地「Miyazaki base camp」を作るという取組をご存知ですか。

ヨガ教室や、街中の清掃や、読み聞かせなど、多様な活動を展開するチームです。

実はこの団体の発起人は、宮崎市役所に勤める有志のメンバーで「街中を挑戦しやすい場所にしたい」という思いで活動を開始。

まちづくりに活用できる公務員の3つの力

896

1. 安心感がある

「市役所職員です」といった時に、聞いてくれるモードに相手がなる割合が多いよため動きやすい。「市役所が街に飛び込んで何かやる」というのは、市民の方に歓迎されやすい。

2. 人を結びつけやすい

仕事柄、定期的に職場が変わっていったり、それに伴って外部の専門分野も異なるところとネットワークができていきます。

もともと持っている人の繋がりのポテンシャルを、活動に結びつけやすい。

仕事で培った信頼関係が活かせるし、全然関係なさそうな活動の時でも、「あ、あの人がいた」となって繋がっていくことが多い。

3. チーム作りは市役所がベスト!

市役所の中は、全然違う部署がすぐ隣にあったりするので、分野を横断して専門性を活かしたチーム作りができる点が大きい。

それにプラス、外部の専門性の高い人を組み合わせることで大きく羽ばたける

みんなが街のことを考える街にしていきたい!

shutterstock_241266958

「みんなが街のことを考えること」が活性化だと考えています。その機運を高めることをやっていきたい。市役所に欠けている部分である、かっこいいというイメージを追い求めたい

参照サイト

Miyazaki base camp[公式Facebookページ]

関連記事一覧