兵庫県六甲山ハイキングコース。必須の2アイテム

ロック2

阪急芦屋川から標高931mの六甲最高峰を目指すルートでも随一の人気を誇るのが通称「ロックガーデン」。

「ロックガーデン」とは花崗岩がむき出しになった岩場のことで、見晴らしも良く、途中で後ろを振り返れば芦屋の街が眼下に広がります。

岩場のコースタイムは標準で40分ほど。

コースはかなり整備されているので適度なアスレチック感覚を楽しみながら登り切れます。女性や子供でも簡単に登れるので、

週末には「登山渋滞」が起きることも。

六甲山を訪れるなら必須アイテムがあります!

ロック1

40分の道のりを登り切るとこのコースの名所「風吹岩(かぜふきいわ)」に到着。

同名の岩によじ登ればここ一番の展望が開けます。

ここから北へ向かえば雨ヶ峠(あまがとうげ)を経て六甲最高峰へ登ることができますし、南西に下れば別コースでJR甲南山手駅や阪急岡本駅へのコースに接続することも可能です。

注意したいのは必ず「地図」「コンパス」を携帯すること。

六甲山は多くの人たちに登られているため、あちこちに道らしきもの(「踏み跡」と言います)が残っています。

今自分が進んでいる道が本当に正しい道なのかを地図とコンパスで確かめながら歩くようにしましょう。

アクセス

ロックガーデンの入り口「滝の茶屋」[Google MAP]

肖像画寄稿者: 鈴木直人
フリーライター。ファッションやサブカル、ビジネス、自己啓発など守備範囲は広い。筋トレと山をこよなく愛し、時には仕事そっちのけで山にこもる。ウェブとリアルをつなげるライティングが持ち味。

関連記事一覧