女性は3番目に秋田へ憧れる。秋田への移住はどうでしょう

shutterstock_293341268

あなたが、憧れる出身地はどこですか?

22~34歳の女性220人に聞いた結果が、発表されていました。

3位に、秋田県がランクイン!

上位ランキング(『マイナビウーマン』にて2015年8月に行われたWebアンケート結果)は、以下の通りです。

Q. 女性で、印象がよく、あこがれる出身地はどこですか?
1位:京都 31.5%
2位:東京 16.6%
3位:秋田 15.5%
□出典:ライブドアニュース

秋田出身女性に対して、「秋田美人:色白で清楚な美人」のイメージを強く持っていることが、ランキング上位の要因です。

秋田への移住はどうでしょう

shutterstock_60593782

そこまで憧れていただけるなら、いっそのこと、秋田県へ移住していただくのはいかがでしょうか。秋田への移住をオススメする3つのポイントをご紹介します。

[tie_list type=”checklist”]

  • 日照時間が短い
  • 若い女性が少ない
  • ストレスからの解放

[/tie_list]

あなたも秋田へ移住すれば、秋田美人になれるかもしれません。

秋田へ移住:日照時間が短い

「美白」を考える上で、日照時間は重要。

気象庁が作成した1981年~2010年までの30年間の観測値(平年値)によれば、秋田市の年間平均日照時間は1526時間で、都道府県庁所在地の中では全国で一番少ない。ちなみに全国平均は約1897時間、トップの甲府市では2183時間である。

□出典:日本経済新聞

「秋田には、美人が多い。」と言われる要因の1つとして、日本一短い日照時間がよく挙げられます。

短期間では難しいかもしれませんが、できるだけ若い内から秋田県に住めば、色白美人に近付けるかもしれません。

秋田へ移住:若い女性が少ない

秋田では、若い女性が少ないので、モテる可能性が高くなるはず。

「秋田弁、まだよく分からないんですが、色々教えてください。」これを言って貰えれば、恐らく大丈夫だと思います。

田舎の男性は、都会から来た若い女性に対して、基本的に弱いです。高飛車な態度ではなく、少しだけ腰を低くして接すると、ものすごく優しく地域のことを教えてくれるはずです。

秋田へ移住:ストレスからの解放

秋田は、自然が豊富。というか、周囲を見渡しても、自然しかありません。

秋田へ移住すれば、人ごみや騒音などのストレスからは、解放されるはずです。心がリラックスできれば、それが体へも良い影響をもたらしてくれるでしょう。美肌は、内面から。

ただ、もしかすると人付き合いや地域コミュニティの中で、逆にストレスが溜まる可能性もあります。こればっかりは、実際に住んでみて、その方に耐性があるかどうか次第。

1週間〜3ヶ月程度の「お試し移住」に参加してみるのも良いですね。

□秋田県移住・定住総合ポータルサイト:
“秋田暮らし”はじめの一歩

□こちらの記事も人気↓↓
あらげる小中高生、秋田最小。全国一の教育環境へ移住しよう

最後に:いきなり移住して定住は無理

いきなり移住して定住するには、相当なハードルがあるはずです。

□仕事の問題
□家族の問題
□人付き合いの問題

まず、移住を迎え入れる側が行うべきは、移住してくれるであろう人のニーズと課題をきちんと聞いて理解することでしょう。

住む場所は、人間が生きていく上で非常に重要なポイントです。移住者が、その人にとってより幸福な人生を送れる場所かどうかが、最も大切。

そんな場所を一緒につくっていきたいです。

関連記事一覧