600人が集結、コスプレイベントの舞台裏-秋田

guest

スペシャルゲスト:藤崎ルキノさん

朝から参加者が行列を作るコスプレイベントがあるらしい。

そんな情報をもとに、7月26日に開催された「響灯小町祭2015」へ参加しました。そのお祭は、600人を集客する、秋田最大のサブカルチャー複合イベントでした。

man

その仕掛け人である仁部友裕さんにお話を伺いました。

イベントが盛り上がる3つの理由

live

— なぜこんなに人を集めることができるんですか?

仁部さん:3つ理由があります。

1. 東方樂祭というキラーコンテンツ
多くのファンがいる「東方樂祭」というのがあるのですが、それを呼べるのが大きいです。ファンもいるので。

夏休みに入ってすぐのイベントのため、中高生を中心に注目を集めています。

2. ロケーションのユニークさ
屋外のステージが使えたり、市の中心部で開催できるなど、アクセスも便利です。ここでしかできないということだと思います。

3. 東京からも人がくるから盛り上がる
ゲストを呼んだり、お客さんとして東京からお越しになる方もいたりします。そのため、出展者も盛り上がるし、気合も入ってますね。

— 年々盛り上がっていますか?

仁部さん:はい、認知度も高まって、参加者数も増えていますね。参加するサークルの数で言えば、前回は20団体だったものが、今年は51団体になりました。

野望は東京に近づいていくこと

girl

— このイベントを将来的にどうする、など思いはありますか?

仁部さん:ゴリゴリ東京に近づいていきたいと思っています。コスプレなどは、地方ではなかなか理解されない部分もあると思いますが、参加者の数が増えればその認識も変えられると思います。

秋田中で知られるようになっていきたいですね。

— 手応えはありますか?

仁部さん:はい。今年は、秋田市の補助金をつけて開催することができたので、着実に進んでいると思っています。

— 秋田への想いを教えてください

仁部さん:もっと地域貢献していきたいという思いがあります。イベントの規模を大きくし、県内の文化の発信拠点のひとつになればと思います。

コミックマーケットのように、2〜3日間のイベントを目指しています。

関連サイト

響灯小町祭2015公式サイト

□取材・執筆:
 ローカルジャーナリスト
 岡田 拓也さん

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧