佐賀牛の主要産地、佐賀県玄海町

previous arrow
next arrow
Slider

佐賀県東松浦郡玄海町(げんかいちょう)とは

佐賀県北西部、玄界灘に由来する名前をもつ佐賀県玄海町。青い海・緑の山と豊かな自然に恵まれた地域で、多くの食のブランドが生まれています。

雄大な「玄界灘」に面したリアス式の美しい海岸は国定公園に指定されており、多くの観光客が訪れます。また、対馬暖流の影響を受け、全国でも有数の漁場となっており、マダイ・ブリ・イカ・フグ・アワビなどが有名です。また、美しい「棚田」を活かしたお米作りも行われており、豊かな食資源に恵まえた町として知られています。

そして、豊富な種類の魚介や棚田で育てられたお米に加え、佐賀県には佐賀牛があります。


玄海町で食べる

最高の赤身、佐賀牛〈極み〉

佐賀牛は、全国に約150程あるブランド牛の中で、全国トップクラスの高品質牛肉として知られています。

徹底した品質管理により、牛取引規格の最高肉質である「5」等級および「4」等級のBMS「No.7」以上の牛肉が「佐賀牛」として認定されています。

そんな「佐賀牛」を生産する畜産農家さんが丁寧に育てた牛の赤身を「佐賀牛〈極み〉」として展開中です。

最高の赤身「佐賀牛<極み>」提供:上場亭


玄海町の人

佐賀牛の赤身の魅力を伝えたい

玄海町で佐賀牛を育てる畜産農家さん

玄界灘に臨む唐津・玄海地区。

このエリアは、畜産業が盛んで、黒毛和牛の飼育頭数が佐賀県全体の約5割を占める「佐賀牛」の主要産地となっています。

しかし、近年、飼養する畜産農家さんも頭数も減少しています。

地域の魅力とそこで丁寧に牛を育てている生産者の想いを届け、佐賀牛の赤身の魅力を「佐賀牛<極み>」として発信しています。

芸能人も通う東京・西麻布の名店「オステリア・トット」とのコラボで、人数限定のイベントも開催されました。


佐賀牛の赤身の魅力について、シェフは次のように語っています。

佐賀牛の赤身肉の魅力は、あっさりして食べやすい肉であることです。あっさりしているということは、色々な調理ができるということなんです。

佐賀牛の霜降り特有の脂の美味しさは知られていますが、良い意味であっさりとしていて沢山食べられる赤身肉は、色々なカタチで味わっていただけます。

佐賀牛イベントレポート

「オステリア・トット」オーナーシェフ・根本岳氏


玄海町のお土産

贅沢な酒粕石鹸「米白」

「地域の素晴らしい資源を活用し、地域の魅力を伝える商品作りをしたいと思いました。」と語るのは、株式会社バーズ・プランニングの松尾聡子さん。

急峻な山々と海に挟まれた、美しい玄海町「浜野浦の棚田」。玄界灘に面した寒暖差の大きな土地で育つお米は、甘みが強いのが魅力です。

このお米を使って作られる日本酒「音音(ねおん)」の製造過程でできる酒粕を使用した、無添加石鹸が「米白(こはく)」です。今、話題の人気商品となっています。

玄海町へのアクセス

【唐津まで】
□福岡空港 → JR唐津駅(地下鉄・JR築肥線)1時間30分
□JR博多駅 → JR唐津駅(JR築肥線)1時間〜1時間30分
□JR佐賀駅 → JR唐津駅(JR唐津線)1時間

【唐津から】
□唐津 大手口バスセンター → 玄海町

関連記事

肉好きのあなたへ。こだわりの佐賀牛を味わえる名店。佐賀・玄海町の上場亭

2018.01.21

約3000人のカレーファンも選んだ佐賀産和牛のカレー。お肉の美味しさの秘密は?

2018.01.22

生産者の想いを伝えるイベントが六本木で開催。酪農家が本当に食べて欲しいお肉コースが登場

2017.12.08

看板娘5人組が玄界灘の幸を発信。全国から喜びの声が届く人気店・渡邉水産

2017.09.29

熟成させる石鹸? その年だけの贅沢な酒粕石鹸「米白」

2017.10.31