MACHI LOG について

地方のリアルを伝えるWebマガジン

MACHI LOGは、地方のリアルを伝えるWebマガジンです。

地方で働く、暮らす、稼ぐ、キレイごとばかりではなく、地方でリアルに起きてる事象を実際に現地まで足を運び、現地の声をわかりやすい形にして届けます。

□記事数:2700記事以上
□イベント企画運営:80回以上
□クラウドファンディング:支援金総額1500万円以上
□読者数:月間5万人以上
□Facebookページの登録者数:1万4000人

理念・ミッション・ビジョン

使命
地方のリアルを伝える

ビジョン

情報で、持続可能な地域づくりに貢献する

企業、行政タイアップなどでも多数事例あり

MACHI LOGは、記事を書くだけではなく、地方のリアルを伝えるという使命を実現するために、行政や企業とタイアップした特集記事やイベントを開催しています。

日本橋三越様では、地域をPRする催事の開催にあたり、社員の皆様の意思統一や動機づけを目的にした取材をさせていただき、イベント開催の支援をさせていただきました。

その他にも行政・企業・NPO法人など、共感できる団体の地域ビジネス促進の支援を行っております。

事例:企業・団体

オープンイノベーションは、霞ヶ関から!SENQとサーフィン動画の日向市が連携

2017.02.22

宮崎県知事も登壇!農業を始めるなら宮崎県!地方と東京を繋げる農業ビジネス講座

2017.01.23

街のスーパーの挑戦!飛騨高山に新しいものづくり空間「フレッシュラボ」がオープン!

2016.06.10

事例:行政・まちづくり団体

2017年の地方創生はどうなる?自由大学が地域リーダーの本音トークを開催

2017.02.16

地域×デザイン展-地域ブランド「宮崎県綾町」デザイン界も注目するまちづくりの事例

2017.01.20

地域の魅力を東京で体験!日本橋三越本店の「ジャパンセンスィズ」

2016.10.27

事例:まちづくりリーダー

日本財団が5,700万円を助成。鳥取プロジェクトが目指す地方創生の狙いとは

2017.02.01

開店3ヶ月で売上1億円!地域に愛される道の駅「りんごの森」の秘密とは? - 山形

2016.01.23

売上高5億円の「四万十ドラマ」に学ぶ!地域に根ざすビジネスに必要なただ1つのこと

2016.01.19

MACHI LOGの読者

MACHI LOG の読者は、東京都内の30代前後の地方移住をしたい、いつかしてみたいが、なかなか一歩踏み出せない人を読者層として設定しております。

参照元:Google Analytics

MACHI LOG の中で、最も掲載記事数の多い地域は秋田県ですが、それがセッション数にも影響し、秋田県からのアクセスは、他の地方都市に比べる多くなっています。

このことからも、読者自身が暮らした経験を有する地域に対して、思いをはせながら、記事を読んでくれていることが読み取れます。

【秋田カテゴリー読者層】
※秋田県内からの閲覧(全体の28.5%)を除く

参照元:Google Analytics

Twitterで記事をツイート・リツイートする中のコメントからも、読者自身の体験談や経験談、暮らした地域を懐かしむ声、他の地域とは違うことへの誇りや驚きなどの感情が見て取れます。

最たる例が、秋田県の「なべっこ遠足」という行事に関する記事です。

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

Twitter上では、懐かしむ声や自分の経験談がツイートされ、Facebook上では、今度仲間で集まってやろうという声が多数見れました。

また、記事をシェアしているTwitterアカウントの説明を見ると、自分の出身地を記載している人が目立ちます。

都市部に住みながらも、故郷のことが頭のどこかにあり、自分と同じ地元の人との繋がりやコミュニケーションを求めている傾向があります。