MACHI LOG について

地方のリアルを伝えるWebマガジン

茨城県北で開催されている地方ビジネス創出支援講座での一コマ。

MACHI LOGは、地方のリアルを伝えるWebマガジンです。

私たちは、地方で働く、暮らす、稼ぐなどのトピックを、キレイごとばかりではなく、地方でリアルに起きていることを現場取材を通じて、情報発信を行っています。

その結果、地方への興味関心を喚起し、地方イベントの実施による交流を通じて、地方との交流人口を増やし、自分らしく生きる・働く人のコミュニティ形成の実現を目指しています。

自分らしく生きる・働く人のコミュニティづくり

使命
地方のリアルを伝える

ビジョン

豊かな共同体をつくる
自分らしく生きる・働く人のコミュニティの形成

使命:地方のリアルを伝える

MACHI LOGは、「地方のリアルを伝える」ことを通じて、「自分らしく生きる・働く人のコミュニティ形成」の実現を目指す移住メディア(媒体)です。

今、東京に在住している人々の約40%の方々が、地方に移住を検討しているという調査結果があります。しかし検討しているものの、実際の移住には結びついていないのが現状です。

私たちは、この40%の人に向けて、地方の良い部分も悪い部分も含めたリアルを伝えていきたいと考えています。その結果、何かに共感した1人が、自分らしく生きる・働くを実現することを目指しています。

地方を実際に回ることで感じたのは、現場で起きているほとんどのことが知られておらず、魅力も課題もその本質的な部分が誰にも伝わっておらず、「知られていないということは、存在しないと同じである」ということです。

例えば消滅危機の可能性がある地方の存在も叫ばれる中、本当に必要なのは、まずそもそも魅力や課題を含めた「地方のリアルを伝える」ことが重要であると考えました。

参考記事

仕事がない?4割の人が地方移住してみたいが、できない本当の理由。

2017.12.27

企業、行政タイアップ多数事例あり

MACHI LOGは、記事を書くだけではなく、地方のリアルを伝えるという使命を実現するために、行政や企業とタイアップした特集記事やイベントを開催しています。

日本橋三越様では、地域をPRする催事の開催にあたり、社員の皆様の意思統一や動機づけを目的にした取材をさせていただき、イベント開催の支援をさせていただきました。

その他にも行政・企業・NPO法人など、共感できる団体の地域ビジネス促進の支援を行っております。

事例:企業・団体

地域の魅力を東京で体験!日本橋三越本店の「ジャパンセンスィズ」

2016.10.27

街のスーパーの挑戦!飛騨高山に新しいものづくり空間「フレッシュラボ」がオープン!

2016.06.10

事例:行政・まちづくり団体

2017年の地方創生はどうなる?自由大学が地域リーダーの本音トークを開催

2017.02.16

宮崎県知事も登壇!農業を始めるなら宮崎県!地方と東京を繋げる農業ビジネス講座

2017.01.23

地域×デザイン展-地域ブランド「宮崎県綾町」デザイン界も注目するまちづくりの事例

2017.01.20

事例:まちづくりリーダー

日本財団が5,700万円を助成。鳥取プロジェクトが目指す地方創生の狙いとは

2017.02.01

開店3ヶ月で売上1億円!地域に愛される道の駅「りんごの森」の秘密とは? - 山形

2016.01.23

売上高5億円の「四万十ドラマ」に学ぶ!地域に根ざすビジネスに必要なただ1つのこと

2016.01.19

MACHI LOGの読者

MACHI LOG の読者は、東京都内の30代前後の地方移住をしたい、いつかしてみたいが、なかなか一歩踏み出せない人を読者層として設定しております。

参照元:Google Analytics

記事をシェアしているTwitterアカウントや、Facebookページ上での反応を分析すると、移住に興味関心があり、アンテナを張って情報収集を行っている方々が多いことがわかっています。

また都市部からのアクセスが多い一方で、全国各地で活躍されている地域おこし協力隊の方々や、ローカルベンチャーの経営者などからの支持も集めており、移住メディアとして着実に認知を広めています。