• HOME
  • MACHI LOG
  • 宮崎県
  • 『食』で関係人口を増やす。宮崎県新富町がRacines FARM to PARKでイベントを開催。

『食』で関係人口を増やす。宮崎県新富町がRacines FARM to PARKでイベントを開催。

最近、「関係人口」という言葉を耳にするようになりました。関係人口とは、ふるさと納税や特産品購入など、地域と多様に関わる人々のことを指します。短期的な滞在の「交流人口」と移住した「定住人口」の間に位置する、地域との新たな関わり方です。

では、関係人口はどのようにしてつくられるのでしょうか。関係人口を創りだすには、地域側から自分の地域に関わってもらえるきっかけをつくる必要があります。

そんな関係人口を増やすきっかけとなるイベント「Miyazaki Dining 2018」が、2018年9月2日に東京で開催されました。

今回、イベントの主役となる地域は宮崎県のほぼ中央沿岸部に位置する児湯郡新富町。人口約1万7千人と小さな町の新富町は、農業が盛んな地域。今回のイベントは、新富町の食材をきっかけとして同町と関わりをもってもらおうというテーマのもとに開催されました。

新富町に魅せられた移住者が企画。日常に新富町を。

今回のイベントを企画したのは新富町にある地域商社、こゆ財団の広報担当である小野茜さん。小野さんは2018年1月に新富町へ移住し、現在は東京との二拠点生活を送っています。

東京の人に新富町のことを知ってほしいと思ったのが、このイベントを企画した一番のきっかけです。しかし説明会などで単に情報を発信するだけでは、町を身近に感じられません。そこで今回はおいしいものを食べるという身近なところから、新富町に来る疑似体験をしてもらおうと思いました

両地域の良さを知っている小野さんは、東京と地方のつなぎ役として今回のイベントを立ち上げました。

こゆ財団からは代表理事を務める齋藤潤一さんも参加。20名の参加者の方々は耳で新富町の話を、舌で新富町の食材を味わい、食べるだけではなく話を聞くことで、よりリアルな新富町の姿を感じられる場となりました。

地域の食材の魅力を引き出すお店を舞台に

会場は、南池袋公園の目の前に位置する「Racines FARM to PARK(ラシーヌ ファーム トゥー パーク )。お洒落な店内は落ち着いた雰囲気がありつつも、店員さんの元気な声で活気にあふれていました。

このお店は「FARM to PARK」という名の通り、各地域の生産者さんとの繋がりを大事にして日々の料理を提供しています。

同店の店長いわく、

当店はフレンチやイタリアンなどといった縛りがなく、多様なジャンルの料理を提供できる強みがあります。その強みを生かし、素材の魅力を最大限に引き出す調理法を考えています。

とのこと。今回のイベントでは、新富町の食材に秘められた魅力を引き出したメニューを、コース仕立てで提供。素材を活かす調理法が特別なら、素材も特別。こゆ財団が運営する、新富町のふるさと納税でしか手に入らない食材も用意されました。

(参加者に配られたふるさと納税のパンフレット)

こだわりの食材を活かす調理法でつくられたメニューは、いったいどのようなものだったのでしょうか。

新富町を味わう

コース料理は前菜からデザートまで計7品。新富町の野菜やお肉をふんだんに用いたお料理が登場しました。

前菜

前菜は彩り豊かなこの一皿です。最初から参加者の心をグッとつかみます。

(キャロットラぺ・完熟トマトのバルサミコマリネ・きゅうりのピクルス・焼きなすのタルタルとポーチドエッグ・パルマプロシュート)

野菜は新富町の野菜を知り尽くす、野菜ソムリエに選定して送ってもらったものが中心です。野菜ソムリエが選定する野菜セットは、ふるさと納税でも人気の品となっています。

お料理は1種類ごとに調理法が異なり、一枚のお皿からいくつものお店のこだわりがうかがえます。前菜から、新富町の野菜を十分に楽しむことができました。

サラダ

児湯郡のロースト豚・新富町のきゅうりと、お店が取り寄せたオーガニック野菜のコラボサラダです。「ものすごく人気なんです!」というお店ご自慢の大葉と玉ねぎのドレッシングをかけていただきます。

(ORGANIC野菜サラダと自家製スモークハム/大葉と玉ねぎのドレッシング)

一口食べて、お肉の柔らかさに皆さん驚きのご様子。野菜のシャキシャキ感とお肉の柔らかい食感がマッチし、互いのうまみを引き出していました。

メイン料理1

宮崎県は鶏肉の生産が盛んで、宮崎といえばチキン南蛮というイメージがある方も多いのではないでしょうか。新富町が位置する児湯郡でもニワトリの飼育が行われており、児湯郡の鶏肉でお料理をつくっていただきました。

(鶏飯 シンガポールチキンライス)

鶏肉はうまく調理しないとパサパサになりがちですが、もちろんそんなことはありません。鶏肉のだしの味がしっかりとするライスも好評でした。

メイン料理2

盛り上がり高潮のなか、更に盛り上がりを促進させたのがこの一皿です。都心にはほとんど出回っていない「JA こゆ牛」が、いい香りを漂わせながら絶妙な焼き加減で運ばれてきました。

(こゆ牛モモ肉 ビステッカ オクラと青唐辛子のグリーンサルサ/フレンチフライを添えたビストロスタイルで)

“ビステッカ”はイタリア語でビーフステーキという意味です。このお肉は弾力があり、噛めば噛むほど赤身のうまみが感じられ、臭みはまったくありません。

「この牛は気持ちよく育ってるんだろうな、という味がしますね」

参加者の方に、新鮮な空気とたっぷりの太陽を浴びて育った牛であることが伝わったようです。

主食

(パスタ ポモドーロ)

ここまで、ボリューム感たっぷりのメニューが提供されていくなかで、次に用意されたのはこちらのパスタ。

あっさりとして食べやすいソースには、トマトの味が凝縮されていました。「このソースは他の料理にも使えそう」と、店員さんにソースのつくり方を尋ねている方も。お腹がいっぱいでもほとんどの方が食べきれてしまうおいしさでした。

デザート1

最後は、デザートの時間です。

(シャインマスカットと秋月梨)

一粒口に入れるととろっとした舌触りとともに甘い果汁がはじけ出るシャインマスカット。見た目からしてみずみずしい、シャキっとした秋月梨

どちらも新富町でつくられたもので、一口に農業といっても野菜だけが名産品でないことが分かる盛り合わせプレートでした。

デザート2

食事を終えたら食後のコーヒーを楽しむ方も多いと思います。しかし今回は、緑茶のジェラートでの締めくくりです。

実はこちら、イベント企画者である小野さんが開発した新商品で、世に出始めたばかり。

緑茶のうまみをそのまま感じてもらえるようにしました。大人の方向きのジェラートです。

と小野さんが語るこのジェラートには、新富町にある「新緑園」の緑茶がふんだんに使用されています。新緑園のお茶は、ANA国際線ファーストクラスで提供された実績がある高品質のお茶です。

想像以上に緑茶の味が濃密で、「食後のエスプレッソみたい」と感じた方もいらっしゃり、締めの一品にふさわしいデザートとなりました。

イベントを終えてー新富町の関係人口創出ー

今回のイベントには、新富町ひいては宮崎県にも訪れたことのない方が多くいらっしゃいましたが、

さまざまな商品を自分たちで開発しているのはすごいことだと思います。新富町でこんなに一生懸命にやっている人たちがいることを初めて知りました。

新富町に行ってみたくなりました。アグリツーリズムなどがあれば、ぜひ参加したいです。

という参加者の声からは、「FARM to PARK」がPARK to FARMになる日も近いことを予感させます。

今後も新富町に関わるきっかけづくりを

(RACINESの店員さんと小野さん)

イベント終了後、小野さんはこのように語りました。

「もっとこうしたらいいのでは」というアイデアももらえて、一方通行でない本当の意味での交流ができ、手応えを感じました。これをきっかけにふるさと納税をしてくれたら嬉しいですが、まずはこのイベントのことを周りの人に話して、新富町のことをどんどん広めてほしいです。今後も定期的に、東京で新富町を体験できる機会をつくりたいと思っています。

東京にいながらにして、新富町と関われる。そんな関係人口をつくるきっかけをつくりだす小野さんの活動からは、今後も目が離せません。

PR for こゆ財団(宮崎県)
地方×求人:地域の未来を創る起業家10名・10事業を募集!
世界一チャレンジしやすいまち
宮崎に移住して、
地方の課題を解決する。
10のプロジェクトで、
10人の起業家を募集中!

関連記事一覧