小学校6年生がYouTuberに。地域の魅力を世界に伝える動画が完成!

「世界に地域の魅力を伝えたい」という思いで制作された地域PR動画が話題になっています。

地域プロモーション動画といえば、映画のような大作や、著名な芸能人が出演するようなものが話題になりますが、今回は手作り感溢れる動画です。

企画・制作したのは、宮崎県日向市の財光寺小学校の6年生。「地域の魅力を伝えたい」という思いがこもった動画は、なぜ作られたのでしょうか。

「宮崎県日向市の魅力を世界に伝えたい」と企画

まずは、動画をご覧ください。6年生1組と2組がそれぞれ企画・構成した動画が2本が公開されています。

なぜ、作成することになったのかも、こちらの理由編で発表されています。

そもそものきっかけは、日向市で活躍する社会人を招いておこなった授業だったそう。

授業の中で語られる地元・日向市への地域愛に感化され、「自分たちも日向市の魅力を伝えたい!」となり、「どうすれば魅力を伝えることができるか」を考えた末に、「YouTubeなら世界に発信できる!」と動画を作成することになったのだといいます。

地域を応援する有名人が続々登場!

企画が立ち上がると、先生たちの協力もあり、市長をはじめ日向市出身の大リーガー・青木宣親選手のお父さん、日向市で活躍する社会人など、様々な人へ声がかけられ、出演が快諾されたのだそうです。

日向市のまちづくりをリードする方々が出演しているとあって、思いのこもった動画となっています。

この動画を編集したのも、日向市を拠点に宮崎の魅力を伝えるYouTuber「MTV」のこだまさんが行なっています。こだまさんによれば、演出もすべて小学生が考えているといいます。

企画から演出まですべて子どもたちが行なっています。撮影は先生に協力してもらっているそうです。

市長の立ち位置がここで、後ろでひゅっとこ踊りがあってという立ち位置や演出まですべて自分たちで行なっていて、驚きました。私は、そんな思いをひとりでも多くの人に届けたいと、編集させていただきました。

地元を見直し、再発見する機会

地域の魅力を発見するということは、総合学習の時間などで取り入れられていますが、自主的に動画作成まで行なっている例は他にないのではないでしょうか。

子どもたちの企画に対して、市長はじめ日向市の方々が積極的に協力していることも、日向市の人同士のつながりや、あたたかさを示しているといえます。

「この地域には何もない」という思いで、地元を離れてしまう人も多いですが、小学校のときに地元を見つめ直し、魅力を見つけ、発信するということを経験すれば、地域の見え方も大きく変わるのではないでしょうか。

「10万回の再生を目指している」という今回のPR動画。ひとりでも多くの方に届くことが期待されています。

関連記事一覧