• HOME
  • MACHI LOG
  • 東京都
  • 偶然からのプロジェクトのつくり方。塩尻市・山田崇氏と考えるオープンイノベーション

偶然からのプロジェクトのつくり方。塩尻市・山田崇氏と考えるオープンイノベーション

長野県塩尻市の職員でありながら、全国各地で塩尻市のプロモーションのために年間100回以上の講演を行なう人物がいます。

「公務員っぽくない公務員」の代表格としても話題の山田崇さんです。

山田さんのことを知る一番手っ取り早い方法は、Google検索で「元ナンパ師」で検索すること。1ページ目が山田さんの情報で埋まります。

塩尻市の山田さんと、全国各地で起業家育成や仕事づくりを行う地域プロデューサーの齋藤潤一さんがコラボレーションし、「地方のリアルぶっちゃけTalk」と題したイベントが開催されました。

たまたまや偶然が生み出すアイデア

「今日のイベントはノーアジェンダなんです。今日ここでイベントするということだけ決めて、集まりました」という言葉からイベントは始まりました。会場に集ったのは、学生からシニア層まで、合計30人。

何を話すか、どんなことをやろうかという内容が、目の前でリアルタイムに組み立てられていきます。

最初こそ、参加者からの質問に答えるという形式だったイベントですが、たまたまの思いつきから、大きくギアチェンジしていきます。

齋藤潤一さんは、宮崎県新富町の事例を紹介

なんだか場がかたいんですよ。アイスブレイクしましょう

という齋藤さんの言葉から始まったのが、ブレインストーミングを活用したアイデア出しのワークショップ。「正しいブレインストーミングのやり方」のレクチャーの後、たまたま隣にいたからという理由で3人組が作られ、ワークが始まります。

すると・・・、イベント開始当初とは打って変わって、会話が止まらない。お題に対してブレストし答えていくという形式で、会場の熱量が高まっていきます。

地方創生にスターはいらない?

止まらないアイデアとディスカッションから見えてくるのは、誰もがアイデアを思いつけるし、熱くなれるという事実でしょう。ゲスト講師も参加者も一緒になり、ブレインストーミングを行い、いつの間にかゲストも参加者も一緒になり、ただ熱狂の場が広がっています。

中でも印象的なのは、山田さんが参加者の話を前のめりに聞いていたこと。こういうイベントであれば、ゲストが語り、参加者が聞くというのがどんな場面でも見られるのですが、このイベント中、主客が入れ替わることがしばしば見られました。

それはお互いがリスペクトを持ち接しているということもあるし、「正解がない」という分野においての正解へのアプローチだと言えるかもしれません。

つまり大事なのは、たったひとつの答ではなく、答をたくさん生み出せる土壌であり、人であり、出会いであるのではないかということです。

いつ、何をするかを決めればコトは動く

懇親会も偶然の出会いの場

複雑性が増す社会の中で、たったひとつの答を見つけようとすることは無駄だし、不毛かもしれません。

それよりも、たくさんの数を出し、試しにやってみることから何かが動き出します。

山田さんは大事にしていることがあるといいます。それは、「次はいつ、何をするのかを決めること」。

偶然の出会いや、あるアイデアを次にどうするのか。しかもそれはいつなのかを明確にすれば、プロジェクトととして動いていくと語ります。

今回のイベントでも、来月移住ツアーに行こうという話や、個展を開催しようなど、様々な話題があがっていました。

こうした偶然から、アイデアが生まれ、それがかたちになったり、進めていく上での試行錯誤もオープンイノベーションのステップなのかもしれません。

そして偶然から行動をおこすためには、「次に何をするのか」を決めると、アイデアがプロジェクトになるわけです。この場からどのようなプロジェクトが生まれたのか、”次回”が楽しみなイベントとなりました。

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧