大晦日にやってくる北の「ナマハゲ」VS南の「トシドン」。怖いのはどっち!?

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

子供にかかるプレッシャーは「トシドン」!?

“泣く子はいねがー” で知られる「ナマハゲ」。ナマハゲを迎える家では、料理や酒を準備して丁重にもてなすとされています。ルックスの怖いナマハゲと対峙する子供の恐怖心はいかばかりか。

同じくルックスの怖いトシドンと対峙する子供たちには別のプレッシャーもあります。「トシドン」は子供たちを諭したり良いところを褒めてくれたりするのですが、時には歌を歌わせたり踊らせたりします。ご褒美として大きなお餅を置いていくのがナマハゲとは異なる点かもしれません。

ユネスコ無形文化遺産登録は「トシドン」が先

平成21年の9月30日にユネスコ無形文化遺産登録がなされた「トシドン」。

文化庁は男鹿のナマハゲをユネスコ無形文化遺産登録するための申請を今年3月に行っており、来年秋に開かれるユネスコの委員会での登録が目指されています。

出典:男鹿のナマハゲ, 薩摩川内市観光物産ガイド甑島のトシドン

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。