地域課題をソーシャルビジネスで解決。人財育成講座・日向ドラゴンアカデミーの合宿が開催(3)

オカダタクヤ


地域コーディネーター

若山牧水について学び、地元の酒造メーカー「あくがれ」を視察

その他にも、日向市出身の歌人・若山牧水を記念する牧水記念館や、日向市で素材や手順にこだわって焼酎を製造する株式会社あくがれ蒸留所を視察。

ただ名前を知っているだけだったので、改めて深く知る機会ができてうれしい。日向にこんなに魅力があったとは知らなかった

という感想も聞かれ、合宿の狙い通りの成果となったようです。

地域課題と「やりたいこと」の掛け合わせが「地域ビジネス」のタネになる

気持ちのよい屋外でワークショップができるのも魅力

今回の合宿の目的のひとつは、「地域課題を解決するソーシャルビジネスのタネ」を作ること。

ワークショップでは、地域課題の発見と、自分自身の強みを活かしたビジネスプランを作ります。

チームごとに、ブレインストーミングや、相互インタビュー、批評形式でのフィードバックなどを通じて、作り上げていきます。

なんとなくやりたいなと思っていたものが、数時間でこんなにはっきりとしてくるとは思わなかった。今回作り上げたものを土台に、稼げるプランにしていきたい

と受講生からも感想が聞かれます。

地域課題を解決するソーシャルビジネスを作る

今回の合宿では、チームごとのワークショップや、バーベキューなど、講座とそれ以外の時間も通じて、日向ドラゴンアカデミーとしてのチームワークを醸成する期間となりました。

今後は、より専門的な講義を通じて、ビジネスプランをより深めていくとしています。

どのような地域ビジネスが生まれるのか、期待が高まります。

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、help@machi-log.net までご連絡ください。