紀元前からの歴史に学ぶライチの魅力。宮崎県新富町のふるさと納税

PR for エフバイジー新富町

「美の果物」として知られるライチは、中国が原産の熱帯果樹です。

6月から7月に最盛期を迎え、台湾やシンガポールでも人気のフルーツとなっています。

紀元前から栽培され、皇帝への献上物に

ライチの歴史は古く、中国南部で紀元前から栽培されていることがわかっています。

漢の時代には、ライチが皇帝への献上物になるなど、既に希少な果物として知られていたそうです。

当時は、のどの渇きを癒したり、疲労回復の薬として使われていました。

1720年に日本に伝来。しかし栽培はできず

ライチをハウス栽培しているのも国産ライチの特徴のひとつ

日本に初めてライチが入ってきたのは、記録によると江戸時代の1720年頃。

鹿児島に伝わってきたと言われています。

「この果物を作ろう」と当時の人が思ったかどうかはわかりませんが、熱帯果樹であるライチ栽培はうまくいかなったであろうと思われます。

課題が多い国産ライチ。研究開発で現実に。

国産ライチの生産は、困難との戦いの歴史でもあります。

耐寒性がなく、霜や雪に弱いライチは、冬がある日本ではなかなか栽培が難しかったのです。

しかし宮崎県では、海外での研究からスタートし、技術研究を支え、現在では国産ライチの約3割を生産する一大拠点となっています。

生産が困難だからこそ、技術の粋を集めた国産ライチが誕生したといえます。

国産ライチをふるさと納税で

希少な国産ライチは、宮崎県新富町のふるさと納税で味わうことができます。

一度体験してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧