• HOME
  • MACHI LOG
  • 宮崎県
  • 「初めて食べた!」の声多数!宮崎県新富町の「国産生ライチ」が東京でお披露目!

「初めて食べた!」の声多数!宮崎県新富町の「国産生ライチ」が東京でお披露目!

PR for エフバイジー新富町

宮崎県の中央に位置し、東京ドーム461個分という広大な農地を有するのが新富町です。

野菜、果物、畜産のどれをとっても豊かな食が自慢の地域から、今旬を迎えている「ライチ」のPRイベントが開催されました。

宮崎県新富町が「フルーツ王国」と呼ばれる理由とは?

イベントのモデレーターを務めたのは、”こゆ財団”の高橋邦男さん

新富町は、宮崎県でも屈指の「フルーツ王国」として知られています。

1年を通して、希少なフルーツが収穫できることが由来です。

宮崎平野の広大な土地で育ったフルーツは、糖度が高く、多くのファンを獲得しています。

割った瞬間に果汁がはじける極上ライチ!

贅沢におひとり1玉をいただきます

今回PRされたのは、国内流通率わずか1%の希少な「国産ライチ」です。

イベントを主催するこゆ地域づくり推進機構の事務局長を務める高橋さんは

ライチは国産自体が珍しく、多くの方は「生ライチ」を食べたことがないと思います。なぜなら99%のライチは海外さんで、冷凍処理が行われた状態だからです。

今日は、とても珍しい生ライチを試食いただけます。

と、会場を盛り上げます。

果汁がいっぱいのライチはおいしい証拠

ライチについて語る森さん

新富町でライチ生産をしているのが、農家を営む森さんです。

難易度の高いライチ栽培において試行錯誤し、完熟マンゴーの技術を用いることで、質の高いライチを収穫できるようになったといいます。

割れてしまいそうなほど完熟したライチは非常に重いので、地面につかぬよう、虫に食われないように高い位置に吊り下げて育てます。

割った瞬間に果汁ではじけるほどみずみずしいのが特徴で、冷凍ライチとは全く違う味わいです。

と、国産ライチの魅力を語ります。

まずは「知ってもらうこと、体験してもらうこと」が重要

たくさんの方に新富町をPRする機会になっています

今回のイベントで重要な点は、「まず知ってもらうことにある」と高橋さんは語ります。

新富町のフルーツは、知れば知るほど魅力的です。私自身が、ライチを味わったときに衝撃を受けました。毎月のイベントを通して、まずは知っていただいて、そして体験していただく。

そして新富町の魅力を発信する仲間になっていただきたいんです。

そんな貴重な森さんのライチは、ふるさと納税の返礼品としても準備されています。

期間限定の極上ライチを味わうチャンス!

会場からも「初めて食べました」という驚きの声があがります

中でも特に大きな50g以上のサイズは、ふるさと納税サービスエフバイジー限定で提供中。

新富町いちおしのフルーツを、お得に味わすチャンスとなっています。

次回の食と農のビジネス講座のご案内

次回の「食と農のビジネス講座」は、品評会で日本一に輝いた「お茶」が取り上げられます。

今注目の地域のひとつ宮崎県新富町を味わうイベントに、ぜひお気軽にご参加ください。

関連記事一覧