秋田湯沢「三関さくらんぼ」品質日本一の最高級さくらんぼ

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

秋田県の南東部に位置する湯沢市。

周辺が「日本ジオパーク」の1つとして認定され、その自然・地球からの恵みが、「せり」や「さくらんぼ」などの高品質な特産物を生み出しています。

三関地区のさくらんぼは、全国的にも品質日本一と名高く、首都圏の百貨店や高級スイーツ店で販売されています。

■昨年のさくらんぼ狩りレポートはこちら

品質日本一の三関さくらんぼ

その品質と味を支えるのが、湯沢市三関地区の肥沃な大地です。

断層崖の下に扇状地が発達し、農産物にとって非常に良い環境が整っています。

□豊かなミネラル水
□花こう岩や火山岩の土
□西日の恵み

□出典:ゆざわジオパーク

このような素晴らしい環境の中、農家さんたちの努力と想いによって、首都圏の百貨店やスイーツ専門店にて高値で販売されている「三関のさくらんぼ」が生まれています。

ひょうの被害からの挑戦

2017年5月15日、そんな「三関のさくらんぼ」が、局地的な「ひょう」の被害を受けたました。

湯沢市によりますと、ひょうの被害を受けた三関サクランボは、栽培面積全体の76%にのぼり、被害額は2億3000万円程度と推定されています。

□出典:NNNニュース

調査の結果、現場では無傷のさくらんぼも確認されました。

6月下旬から7月上旬の出荷に向け、「品質日本一の名に恥じないサクランボに仕上げたい。」という声が上がっています。

三関のさくらんぼ

まるで宝石のような「三関のさくらんぼ」。

今年も、美味しいさくらんぼを期待しています。そして、農家さんを応援しています。

【問い合わせ】
JAこまちフルーツセンター
TEL:0183-79-2431

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。