• HOME
  • 移住
  • 宮城県 , 秋田県
  • 地方移住・起業を促進。東北で起業家人財の育成講座「東北イノベーション大学」始動。さらに熱い仲間を募集中!

地方移住・起業を促進。東北で起業家人財の育成講座「東北イノベーション大学」始動。さらに熱い仲間を募集中!

稼ぐ地域ビジネスのつくり方

現場から会場へ戻り、齋藤氏の講義がスタートしました。

まずは、現場で見てきた売り場・POPの写真を元に、どんな点が優れているか、一方的に教えるのではなく、受講生から引き出す形で、インタラクティブに講義が進行しました。

また、齋藤氏がプロデュースした地域のリーダーが想いを語る映像を見て、受講生が相互に気付きを共有し、自分自身を振り返るきっかけにもなっていました。

「自分に足りない視点や考え方に気付かされた。」「地域づくりを仲間と共に行っていく重要性や想いをもって取り組む大切さに改めて気付いた。」という声が、受講生から多数出ました。

持続可能な地域に大切な地域経済

齋藤氏は、自身の経験やこれまで取り組んだ事例について共有しながら、地域にはお金と笑顔の両方が必要であり、「地域が持続可能であるために、地域経済が重要である。」と伝えてくれました。

そして、ご自身が実践している「発見・磨く・発信」プロセスの高速PDCAを回すことで地域ビジネスは生み出せること、その上で重要となるポイントを共有してくれました。

9割の人が行動しない

全国各地で、このように地域ビジネス創出のノウハウを提供しても、「9割の人が行動しない」と齋藤氏は言います。

[voice icon=”https://machi-log.net/wp-content/uploads/2017/03/5a93e344673b23b90e94b02734087a31.jpg” name=”齋藤氏” type=”l”]すなわち、地方はチャンスだらけです。地域づくりにホームランはありません。小さな成功を積み重ねること、そのイメージを持って行動を起こすことが重要。早くたくさん小さな失敗をすることで成功に近づく「1勝99敗の精神」を大切に、持続可能な地域づくりを目指して一緒にチャレンジしましょう。[/voice]

講義を終え、受講生のみなさんは、行動を起こすことの重要性を再認識し、自分自身の成長と仲間と共に過ごす全7回の講義に対する期待で溢れていました。

受講可能、熱い仲間を募集中!

現在、東北イノベーション大学では、受講生を追加募集しており、6月3日(土)13:30-17:00(開場13時)に仙台市で公開講座を行います。

東北イノベーション大学 公開講座

■公開講座:稼ぐ地域ビジネスのつくり方
【内容】
 □大学の概要説明
 □ミニ・フィールドワーク
 □講演・ミニ・ワークショップ
【講師】
 「東北の魅力を世界に伝える」
 MACHI LOG 東北編集長
 東北プリントワールド株式会社
 代表取締役 高橋 慶彦
 <プロフィール>
「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して、東北の情報を毎日発信!
全国の地域づくり情報をまとめた「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・印刷会社の代表取締役。
自治体のPR、東北の起業家のブランディング、上場企業のマーケティングを支援。企業・官公庁の実績多数。

■日時:6月3日(土)13:30-17:00(開場13時)

■会場:INTILAQ 東北イノベーションセンター(仙台市若林区卸町2-9-1)

■費用:3000円(公開講座特別)
※クラウドファンディングご支援者は無料で参加可能
※全講座の内容説明は当日行わせていただきます
※全7回講座を受講する場合は受講料5万円(早割有り)

■定員:限定20名
※人数が定員を超えた場合は、選考の上、参加者を限定させて頂く場合がございます。

本プロジェクトは、地域を元気にするための「人財づくり・場づくり・仲間づくり」を東北で実現したいと考え、資金の一部をクラウドファンディングで集めて始動しました。

詳細:東北イノベーション大学

現在、クラウドファンディングを通じて受講のお申し込みをいただいた方々を含め、受講生は13名。

「起業家・後継者として、自らビジネスを創出する力を身に付け、地域に貢献したい。」
「経営者として、経営感覚のある幹部を育成し、事業を成長させて地域に貢献したい。」
「企業・銀行・行政として、リーダー人財を育成し、自らも地域活性化に参画したい。」

そのように考えている方々を対象に、地域の未来を自ら切り開いていく熱い仲間(受講生)を募集しています。

受講のお申し込み・お問い合わせ

以下のフォームより、受講のお申し込みをお願いいたします。お問い合わせは、運営事務局(東北プリントワールド株式会社)のお問い合わせフォームより、受け付けております。お気軽にご連絡ください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

関連記事一覧