東京都あきるの市のあじさい山!「花咲かじいさん」から地元若者が継承へ

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

PR for FAAVO東京西多摩

東京都あきる野市に、1万株のあじさいが咲き誇る「南沢あじさい山」があります。

東京でも有数の自然を楽しめる観光スポットが、消滅の危機に直面しています。

花咲かじいさんが47年間植え続けたあじさい山

南沢あじさい山は、山の中を約1万株のあじさいが咲き誇り、様々な色で満たされた幻想的な光景が広がる場所です。

実はこの景色は、南澤忠一さんただひとりの手によって、47年かけて作られました。

地元からは、「ちゅういっちゃん」と親しみを込めて呼ばれる、まさに現代の花咲かじいさんです。

朝4時に起きて手入れをする日々

綺麗ですね〜って言ってもらえるのが嬉しくて嬉しくてな。気がつくと夢中になってたよ

と語る南澤さん。

87歳になる現在でも、毎朝4時からあじさいの手入れをしていると言います。

東京屈指の美しい景色は、たったひとりの手によって47年間守り続けられたのです。

地元の景色を守る。26歳の挑戦!

あじさい山の継承者となるべく強い覚悟を持って、信頼できる仲間たちと共に手を挙げました。

と語るのは、地元で飲食店の経営、アウトドアイベントの企画・運営を行う高水健さん。

あじさい山を守る南澤さんも高齢となり、このままではあじさい山が守れないとなる中で、「思いを受け継ぎたい」と決意し、プロジェクトを立ち上げました。

持続可能にするために、多くの費用と時間が必要

あじさいのシーズンは、約1ヶ月。しかし管理は1年中しなければいけません。この労力の確保がネックとなっているからこそ、続けることができる仕組みづくりが必要です。

と語る高水さん。

現在この取り組みは、運営費用や苗の費用など、必要経費の一部をクラウドファンディングで募集しています。

「あじさい茶」の開発など、関連した商品開発も行いながら、未来に残す仕組みづくりをすると言います。

地域づくりのバトンを受け継ぐプロジェクト。今後の展開にも注目が集まります。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!