戦場にも持ち込まれた鳥・うずら。鳴き声は「ゴキッチョー」で縁起が良い!?

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

5月は「鶉月(うずらづき)」とも呼ばれます。日本の歴史において “縁が良い” とされる鶉についてまとめてみました。

士気をあげるため戦場にも持ち込まれた鶉

うずらは日本最古の歴史書「古事記」や万葉集にも登場し、古くから日本人に親しまれてきた鳥。

室町時代には野生のうずらを籠に入れて飼うことが盛んとなり、鳴き声を競った競技も流行したそうです。戦国時代には鳴き声を聞かせて武士の士気を高めるために戦場に持ち込まれたと言われています。

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。