オリジナルスイーツが期間限定で味わえる!「軽井沢スイーツ散歩」の旅

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

長野県の東部にある軽井沢町は避暑地として古くから親しまれているまち。4月22日から6月30日まで期間限定のイベント「軽井沢スイーツ散歩」が開催されます。

避暑地として知られるようになった軽井沢。きっかけは外国人

人口約2万人の町に年間を通して800万人以上の観光客が訪れる軽井沢町。

避暑地として最初に軽井沢を利用したのはカナダ生まれの宣教師・アレキサンダー・クロフト・ショー氏。軽井沢を訪れた際、美しい自然や気候に魅了されて夏に避暑に訪れたのが最初と言われています。

その2年後にショー氏は軽井沢に別荘を建設。友人たち宣教師の別荘も相次いで建設され、明治26年に初めて日本人所有の別荘が建てられたそうです。

現在、ショー氏が布教活動を行っていた協会近くには別荘第1号となった当時の建物が移築復元されています。

参照元:軽井沢観光協会ホームページ 軽井沢を知る

軽井沢が誇る「町民の掟」

町政50周年を記念して昭和48年に制定された「軽井沢町民憲章」には、軽井沢町が目指すまちの姿が表されています。

一. 世界に誇る清らかな環境と風俗を守りつづけましょう
一. すべての来訪者に心あたたかく接しましょう
一. かおり高い伝統と文化を育てあげましょう
一. 緑ゆたかな高原の自然を愛しまもりましょう
一. 明るい家庭と伸びゆく町を築きあげましょう
(出展:軽井沢町ホームページ)

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。