高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長


画像:地域プロデューサー 齋藤潤一氏

「地域ビジネスで世界をより良くする」を使命に、全国でローカルビジネスの創出を実現している、地域プロデューサー 齋藤潤一氏。

齋藤氏
「発見」「磨く」「発信」の高速PDCAを繰り返すだけです。
それを成果が出るまで続けます。
難しいことではありません。
でも、9割の人がやりません。

先日公開した記事「【磨く編】9割の人がやらない、稼ぐ地域ビジネスのつくり方」に続き、齋藤氏が実践する「発見・磨く・発信の高速PDCA」について深掘りをしていきたい。

3つ目のとなる「発信」のフェーズについて、齋藤氏にお話を伺った。

稼ぐ地域ビジネスのつくり方「発信」


画像:齋藤氏がプロデュースした人財育成プログラムから生まれた19歳のスター

「発信」のフェーズでは、クラウドファンディングとイベントを組み合わせ、実際にお金を稼いでいくことが求められる。

齋藤氏
クラウドファンディングで
周囲から声を聞き、全国へ広げる。
イベントで想いを伝えながら、
実際にお金を稼ぐことが重要。

どのように実践していけば良いのか、齋藤氏にポイントを伺った。

>> バーチャルとリアルの両方で発信

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。