歴史的な戦いの裏にもビスケット! 日本のビスケット史に登場する水戸藩と薩摩藩

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

2月28日は「ビスケットの日」。日本のビスケットの歴史に登場する水戸藩と薩摩藩。あの歴史的な戦いの裏にもビスケットが!?

“オランダ人にレシピを学んできて!” 藩からの依頼に答えた柴田方庵

全国ビスケット協会が定めた「ビスケットの日」。この日付は1855年の2月28日に由来しています。

1855年2月28日、長崎にいた水戸藩の蘭医・柴田方庵が水戸藩の役人にあてて送った手紙にビスケットの製法が書かれていました。これを記念して1981年に2月28日がビスケットの日と定められました。

手紙を書いた人物・柴田方庵は茨城県日立市出身。

江戸で儒学や医学を学び、1831年からは長崎にて最新の西洋医学を学んでいました。このとき水戸藩から「ビスケットの製法を学び報告してほしい」との依頼を受け、実際にオランダ人から学んだ製法を手紙に記したそうです。

当時は長崎周辺で外国人向けのみにつくられていたビスケット。水戸藩は保存がきき、栄養価が高いことに目をつけ、柴田方庵にレシピの入手を依頼したそうです。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。