昔のお花見は桜よりも梅が人気!? 神戸市東灘区のシンボルが「梅」の理由って?

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

お花見といえば「桜」ですが、日本のお花見の歴史には桜だけでなく「梅」も登場します。日本における「梅」のお花見についてまとめてみました。

中国では「食べる」が先、日本では「愛でる」が先!?

日本における梅の起源には中国から移植されたという説と日本古来の原産地説がありますが、多くの文献では中国原産地説が唱えられています。

日本で梅干しが初めて書物に登場するのは平安時代の中頃。梅の原産地である中国ではそれから500年ほども前に梅の塩漬けが記録されているそうです。

日本では梅の花がまず人々の関心をひき、果実を利用するのが後であったのに対し、中国では果実の利用が先であったと伝わっているそうです。
参照元:JA紀南 梅の歴史 日本の梅

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。