山伏修行体験で教育旅行誘致、山形・出羽三山神社

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

自然と山伏修行から、学ぶ

昨年、衝撃的な体験をした。経営者仲間と共に、山形県で山伏修行体験を行なった。日常では、得られない学びと気付きがたくさんあった。

山形県は、このような独自コンテンツを活かした教育旅行誘致を目指し、動き出している。

山伏修行体験で教育旅行誘致

東北の山形には、日本三大修験山の1つに数えられる「出羽三山」がある。「月山・羽黒山・湯殿山」の総称で、山岳信仰の聖地と言われる場所だ。

その歴史は、1400年。

現在でも、この地域には多くの宿坊が存在し、「山伏修行を体験したい、山伏になりたい。」という人々を日本全国・世界中から受け入れている。

修学旅行などの教育旅行誘致

ここ数年、地方では修学旅行などの「教育旅行の誘致」に力を入れている地域が多い。

山形県も、他の地域では体験できない自然・文化・歴史に関連するコンテンツを軸とした旅行商材を開発し、県外への売り込みに力を入れている。

国内だけでなく、アジア圏にも視野を広げ、日本の素晴らしい文化や歴史と共に、地域の魅力をより多くの人に伝えていってほしい。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。