全国が注目する日本酒「まんさくの花」日の丸醸造が、4月1日に酒蔵開放

秋田で酒蔵、開放中

今年も、秋田県内の18の酒蔵で、酒造り工程の見学や日本酒の飲み比べなどができる「酒蔵開放キャンペーン」が行われている。

各蔵ごとに開放日や条件が異なり、中には5000人を集める人気の蔵もあるという。

日本酒「まんさくの花」日の丸醸造

□画面キャプチャ:日の丸醸造

秋田県内には、品評会で高い評価を受け、全国的にも人気のある日本酒がたくさんある。

以前、MACHI LOG でご紹介した「うまからまんさく」を造る「日の丸醸造」も4月1日に酒蔵を開放する。

創業300年以上の老舗酒蔵「日の丸醸造」

Hinomaru Brewery

秋田県南部にある横手市増田町(一帯が国の重要伝統的建造物群として指定されている「蔵のまち」)で、元禄2年(1689年)創業、300年以上の歴史を持つ「日の丸醸造」。

「日の丸醸造」は、昭和18年に企業整備令により一度は廃業を余儀なくされるも、昭和23年1月に300年の伝統を復活させ、現在に至っている。

「日の丸醸造」酒蔵開放

□酒蔵:日の丸醸造(株)
□日程:平成29年4月1日(土)
 1部:10:00~12:00
 2部:13:00~15:00
□申込方法:ハガキ・電話・FAX・メール・ホームページ
 ※完全予約制
□住所:横手市増田町七日町114-2
□電話:0182-45-2005
□FAX:0182-45-2006
□その他:詳細は3月頃にWeb掲載の予定

[btn]2017年 酒蔵開放お申込みフォーム[/btn]

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧