今年で10年目を迎える活動。消えゆく方言を守り伝承する「方言の日」- 鹿児島県-

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

2月18日は「方言の日」。鹿児島県大島地区文化協会連絡協議会が平成19年に定めたもので、今年で10年目を迎えます。消滅危機言語にも指定されている大島地区の方言。

方言を守り未来へと残すための活動を見てみました。

日本に8つある消滅危機言語

ユネスコが平成21年に発表した世界の消滅危機言語のうち、日本では8つの言語や方言が将来消滅の危機にあると報告されています。

消滅危機言語におけるユネスコの評価は、「絶滅」「極めて深刻」「重大な危険」「危険」「脆弱」「安全」の6段階。

日本では、「極めて深刻」とされるアイヌ、「重大な危険」とされる八重山、与那国を始め、「危険」とされる奄美、沖縄、国頭、宮古、八丈が定められています。
出典:文化庁 消滅の危機にある方言・言語

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。