「地域おこし協力隊」が4000人を突破。隊員が多い都道府県、少ない都道府県

地域おこし協力隊員が多いのは北海道、大阪府はゼロ

都道府県別に隊員数を見てみると1番多いのは北海道で562名。

北海道に続いてベスト5にランクインしたのは長野県319人、島根県219人、高知県168人、岡山県160人。一方、隊員数が少ない都道府県は大阪府の0人、神奈川県8人、埼玉県9人、東京都12人、佐賀県14人などとなっていました。

データ出典:総務省 平成28年に活動した地域おこし協力隊員数等

関連記事一覧