ふるさと納税の返礼品ではなく、”思い” で支援「Furusato × Government」エフバイジー

自治体への寄付。あなたは何で決めていますか?

ふるさと納税もクラウドファンディングと仕組みは同じ。

しかしながら一般的なふるさと納税では、自治体そのものに寄付を行うことが目的となる為、その使い道については、例えば「地域福祉の充実」「教育環境の充実」など大まかな説明に止まっています。

支援先の決定には、返礼品の内容自治体の知名度が大きく影響し、偏りが出てしまうことも否めません。

「F&G」では自治体が支援の呼びかけをプロジェクトベースで行う為、自治体が抱える想いを共有し、集まった寄付金の使い道を見届けることができます。

「税金控除」「返礼品」は一般のふるさと納税と同様

自治体はふるさと納税の制度を利用している為、寄付金は税金の控除を受けることもできます。また、プロジェクトに関連する返礼品も用意されており、この辺りは一般的なふるさと納税と同じです。

第1弾として福井県鯖江市や福井県勝山市、香川県丸亀市が挑戦した「F&G」。現在は宮崎県都農町、岐阜県美濃加茂市が挑戦を行っています。

F×G (Furusato & Government)

 

関連記事一覧