餃子購入額3年連続日本一の浜松市。トップ5には意外な都市がランクイン

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

1月31日に総務省家計調査の平成28年12月分が公表され、餃子の年間購入額において浜松市が3年連続日本一に輝いたことが発表されました。

餃子で有名な浜松市と宇都宮市。日本で他によく餃子を購入する都市って!?

ライバル宇都宮市との差は!? 発表イベントも開催した浜松市

平成28年度の餃子購入額は年間を通して浜松市が4818円、宇都宮市が4651円で浜松市が3年連続、5度目の日本一となりました。

3連覇をかけた今回の公表に、浜松市では1月31日の正午に浜松市役所内で発表イベントを実施。市長をはじめ、餃子学会や浜松市のマスコットキャラクターなどが集まり、浜松市の餃子にかける熱い情熱がニュースでも報道されました。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。