江戸時代に全国の寺子屋で教えられていた “六つの教え”。「六諭衍義」

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

1708年、中国から日本に持ち帰られ、後に江戸時代の寺子屋の教科書として日本全国に広まった「六諭衍義 (りくゆえんぎ)」という教えがあります。

どのように日本に入ってきた? どのような教え? 六つの教えについてまとめました。

琉球の偉人・程順則が持ち帰った「六諭衍義」

1708年、中国から持ち帰られ後に寺子屋の教科書として全国に広まった「六諭衍義」。

この本を持ち帰ったのは琉球出身の程順則 (ていじゅんそく)。彼は20歳で初めて中国へ留学し4年間滞在、その後も3度中国へ学問留学。

持ち帰られた「六諭衍義」は薩摩藩を通して八代将軍・徳川吉宗に献上され、日本語に訳された後、日本全国の寺子屋へと広まりました。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。